東京よりお越しのRさんとMさんをパダンバイへご案内しました。
実際は、北海道出身だったので、店主を含めて本日はオール道産子女子。

パダンバイ手前で大渋滞。
反対車線を完全に使って、バリ人の大きなご一行様が・・・・・・どうやら海へ向かうようです。
反対車線は詰まり詰まっておりました。
こっちで良かった。

 

RさんもMさんも体験ダイビングなので、陸上で講習。
酔い止め飲んで海へ出発です。
本日のパダンバイ、海況抜群です。
波なし、流れなし、透明度15m、水温27℃、スノーケリング&ダイバー数多し。
天気もよく、水中も暖かくてダイビング日和。

道産子女子、上手にエントリーです。
ただ、二人とも片耳が抜けにくく、最高7mのダイビング。
スジモヨウフグの群れ(笑)、タイワンカマスの群れがいました。
店主は、もう少し潜行したかった・・。

 

クマノミいっぱい

こんなに穏やかだったのですが、まさかのMさんが波酔い。
かなりの吐き気に襲われておりました。
休憩中も回復できず、2本目は中止。
あぁ、残念・・。

2本目、Rさんはバックロールエントリーで入ります。
北海道帰省時には、必ず、たれ付ジンギスカンを東京へ持ち帰るそうです。
同じ同じ!
店主も、必ず、たれ付ジンギスカンをバリ島へ持ち帰ります!
去年は8袋持ってきましたが、空港で手荷物にするとアウトです。笑
たれ付ジンギスカンは、預け荷物。

チンアナゴ見てから、小さなゴンズイ玉。

 

砂地から方目だけ見えてたヤッコエイ。
Rさんに姿を見てもらいたくて、起こしてしまいました。
ごめん、ヤッコエイ。

 

 

あれーーー、Rさん、耳抜きが普通にできている。
2本目は、耳トラブルなしでダイビング。

クリーニング中のタテジマキンチャクダイ。

 

 

オオモンカエルアンコウ、2匹!!
久々に並びました。

 

 

Rさんも興味津々で観察。
かわいい魚でしょ。

 

蛍光色スズメダイがうっとりです。
バリの固有種なんです。

 

常駐ハダカハオコゼ

 

Rさん、この落ち着き。
ライセンスとりそうな感じ。
ぜひ、東京でダイバーになって、またバリ島へ。

 

阪神タイガースみたいなお魚さん。

 

走り回るモンハナシャコ、クモウツボ(大と小)、そしてこの子はタコ。
隠れたいけど、狭いようです。

 

 

残念ながら、ウミガメは不在。
南国風モンツキアカヒメジ。
お疲れ様です。

ボートに上がると、Mさんはまだ酔いから回復しておらず。
陸に上がっても、まだ回復できず。
車もゆっくり走らせましたが、帰路も回復できず。
大丈夫かな・・・?
お二人ともお仕事がナース。
Rさん曰く、とりあえずホテルで横になってもらうとのこと。
ポカリスエットはどこでも売っていますよ。

道産子女子、今日はありがとうございました。