本日は、東京よりお越しのS夫妻をパダンバイへご案内です。
日曜日に結婚式を終えたばかり。
おめでとうございます!

パダンバイの海況

天気よし、風あり
波なし、流れちょっとあり、うねりちょっと、水温20℃~26℃
冷たい水が充満しているパダンバイ。

 

陸上でがっつり説明を終え、酔いやすさを心配していた奥様T子さんのため、さささーーーーーっと水中へ潜行作戦。
水面練習も上手に落ち着いてできて、酔わずに大成功。
そして、潜行ですが、これまた突発性難聴を昔やったことがあるらしく、耳抜きができるのか心配でしたが、なんと簡単にできたのでした。
椎間板ヘルニアも昔やったそうですが、ボートダイビングで気をつけたので問題なし。
T子さん、3つの不安材料、一気に解消ーーーー。ほっ。
S氏は、長いこと水泳をやっていたので全く問題なし。

 

難なく潜れちゃったT子さんとS氏。
ご結婚おめでとうございます。

 

S氏は、初めての体験ダイビングですが、水中カメラのレンタルを希望。
そして、余裕があったため1ダイブ目から、撮る・撮る・撮る~。
なぜなら、趣味で熱帯魚を飼っているから、とても魚に詳しい。
目がすでに魚に慣れているせいか、自分で見つけてがんがん撮れる。

ってか、潜行してすぐに流れが反対になっちゃった?
そして

水温20℃

バリ島って暖かい国のイメージなのにね。
因みに、おとといは幸せな28℃。

 

体が冷えたので、女子は日干し。
S氏は全然寒くないそうです!!!驚
同じ人間なのにね。

 

 

2本目、暖かさを求めてブルーラグーンへ。

 

チンアナゴやクマノミ・・・
S氏が飼っているのは、シマキンチャクフグとカクレクマノミだそうです。
これからハリセンボンも欲しいんだとか。

 

皆が反応したネズミフグ

 

 

落ち着いて上手です。
ここ水深5mなのに21℃。
店主の心が折れそう。

 

 

S氏も反応していたクロハコフグ、かわいいですね。

 

 

ヘラヤガラ

 

 

S氏は、いつも図鑑とかネットで見ている生物たちが目の前にいるもんで、ホント楽しそうに撮っています(寒さ感じないし)。
T子さんも終始酔うことなく、ボート2ダイブを終えたのでした。
夫婦でダイビングのライセンスとってください。

2本目エキジット、S氏の第一声「あの魚は何ですか?」って・・・。
普通は、「寒い」って言いそうなもんですが、頭はお魚のことでいっぱい。
一同、大笑い。

 

お二人とも天然の面白さありのS氏とT子さんでした。
末永くお幸せに。
今日は、ちょっと冷たい日に当たってしまいましたが、初ダイビングはばっちりでした!
ありがとうございました。