福岡よりお越しのKさんとS氏をトランベンへご案内しました。
はじめまして!結構、遠いので、とりあえず寝てゆきます。
目覚めはトランベン。

トランベン、潮が引いていてビーチが遠い!
波が少しあり、流れちょっと、透明度10m~15m、水温28℃。
ダイバーは毎日たくさんです。

二人とも体験ダイビングだと思っていたら、S氏は一応ライセンスを持っていました。
ただ、6年ブランクでほとんど初ファンダイブ状態。
でも、体験のKさんと一緒にゆっくり記憶を蘇らせながら潜ります。

Kさん、水面練習で呼吸がわらわらしたり、左耳が抜けにくかったり・・・。
それを全て乗り越え、無事にエントリー。
すばらしい!頑張りました。

S氏、水中カメラ持参で久しぶりのダイビング。
余裕もあるし、問題なし!

 

リバティ号の一部・・・・アヤコショウダイがクリーニング中。
オブジェみたいです。

 

 

大きなアラレフグとここまで接近。

 

 

何年もここにあるクマノミコロニー。
なんだか、ここの船体もそろそろ落っこちそうな・・・涙。

 

 

オウゴンニジギンポのペア。
ホワイトもちらほら。

 

 

二人一緒に潜れて良かったです。
1本目から40分超え。
ははは~、最初のわらわらが何だったのでしょう。

 

 

2本目、各自サクサク準備してエントリーです。
準備万端。

 

 

船首方面をまわってみましょう。

 

浅いところは太陽光が入ってカラフル。

 

珍しくこんな時間にカンムリブダイ。
大きい個体。

 

 

最後、浅いところで止まります。
Kさん、黄色のレギュレーターの方が合うそうです(マウスピース)。
どっちでも良いですよー。

 

うわーーーっ、寄って来る。近すぎ!

 

 

Kさん、鼻ポケットの水が気になり、ほぼ鼻を押さえたままダイビングでした。
耳もゆっくりゆっくり抜けたしね。

 

 

2本目はよりじっくり生物観察でした。
お疲れ様でした。

今日は朝早くからありがとうございました。
陸上のお話も楽しかったです。