本日は皆様をパダンバイへご案内しました。
東京よりお越しのYファミリー、はじめまして。
(ジャカルタ在住リピーター・A氏、ご紹介ありがとうございます!)
そして、昨日ヌサペニダで潜られ、今日は2日目のベテランダイバーK氏。

パダンバイ到着時は、雨がポツポツしていましたが、すぐに晴れ。
海況は、波少し、浅瀬うねり、流れ一部、透明度8m~15m(深場はOK)、水温24℃~27℃
店主はYファミリーを担当させて頂きました。
ベテランK氏は、マンツーマンダイブ。

後ろからベテランダイバーYお父さん、去年ダイバーになったばかりの大学3年生のD君と大学4年生のEさん。
事前情報より、ずっとずっときちんと潜れました。

 

ウェイト2キロのK氏は、マンツーマンでじっくり潜っています。

 

Yファミリーが初めて見たというハダカハオコゼたち。
これはカップル。

 

まだ小さなクモウツボ
この後、D君はしばらくコバンザメと一緒に泳ぐことに・・。
タツノイトコもいてくれました!

 

 

クマノミはあちこちに点在。

 

はい、慎重に安全停止に入ります。

 

本日のゲスト様

 

Yファミリー、小さな沈船をゆく。
1本目はD君がGOプロ撮影でしたが、2本目はお姉さんEさんが撮ります。
だいぶ慣れてきたのか、中性浮力もいい感じになりました。
Eさんのマスク、2本目は曇らなくて良かった!
ゴシゴシの甲斐がありました。

 

 

本日のブッダ様
胸にヒトデが・・・。

 

 

浅瀬は白い層で濁りがあり、深場からは冷たい海水が上がってきます。
そんな時はヨメヒメジ。

 

みんなで見たツバメウオ

 

 

ケショウフグの子供

 

 

タキゲンログダイが忙しげに通ります。

 

浅瀬の濁りは残念でしたが、キンセンフエダイもアカヒメジもうじゃうじゃ。

 

 

そして、潜水艦オデッセイ号が至近距離(すぎる)。

 

 

大きなコブシメさん、動きが鈍かったので、そろそろ産卵かな?
EさんもD君も、タコだと思ったそうな・・。

お疲れ様です、がっつり潜ることができました。
祝・D君のエア持ち急成長!!

 

昼になると波が立ちます。
ベテランK氏、水しぶきと海が似合うなぁ。

 

無事終了です。
バリ島の思い出になりますように。

 

 

これは市場ではなく、車が通る道路です。
全く動けません。
この時期、離島に渡るスピードボートに乗る外国人が2倍・3倍になるため、パダンバイからなかなか出られません。
村として何か対策しないんですかね??
スピードボート乗り場を移転する話もちらほら出てますが、早く移転してもらいたいものです。

 

皆様、今日は朝早くからありがとうございました。