期限が迫っている就労ビザ延長のために、また新たな書類が増えてしまいました。
SKTTという住民登録のようなもの。
店主の場合、デンパサール市庁舎のようなところで手続きです。
エージェントに頼むこともできるのですが、それなりの料金。
自分でやれば時間がかかりますが、『本来・無料』なので、がんばってみました。

場所は、デンパサールはずれにある西Gatsu通りのJl. Majapahit というサヌールからは結構遠いところ。
8時から受付開始で、一日400人ほどしか受け付けないというので、7:20にサヌールを出発してみました。
SKTTのプロである友人(日本人)が、わざわざ今回案内してくださることに。
心強い助っ人!

 

これは一部ですが、巨大な建物でした。
8時前に到着しましたが、すでに人がたくさん番号発券機前にむらがっていました。
ああいうの見るだけでも、うんざり。

 

 

中はかなりきれいです。

 

 

あらゆる役所窓口が入っていて、ここで全部、役所事が済みそうな便利な雰囲気。
すごーい!
現在、延長待ちの許可管轄 『生活環境局』があったので試しに質問してみると、『ダイビング業の場合は、バリ州担当なのでレノン地区の本局へ行き確認してください』、と。
そうだよね、やっぱり便利じゃないわっ。

健康保険の窓口もあったので、法人加入について聞いてみると、『Gatsu通り本局へ行ってください』、と。
建物ほどは立派だけど、やはり便利じゃない!

 

 

 

8時過ぎにもらった待ち人番号は、85番ぐらいで1時間半ほどで呼ばれました。
が、完璧にそろえた書類の不備を指摘され、駄々こねましたが出直し命令。

 

 

外国人がSKTTを取得するためには・・・・

・住民登録フォーム(現地で何枚か記入)
・パスポートコピー

・キタス(ビザ)コピー
・IMTA労働許可書コピー
・スポンサーのKTPコピー
・同上スポンサーのKKコピー
・ドミシリ居住地区の住民票(原本)*店主はサヌール村発行
・STM居住地区の警察届出(原本)*店主はサヌール警察発行
・写真 4X6cm 2枚

これらを紙マップにはさんで提出です。

完璧!と思ったですが、

スポンサーKKにサインがないことを指摘されちゃいました。
そんなことまで店主チェックできないよーーー。
サヌールに戻ってる場合じゃないし、とりあえず、もう一度番号札をとると、366番。
あと281人待ってるのか・・・・・時間はたっぷりある。疲
さて、どうしよ・・・近所の屋台で遅い朝食をとりながら、この場切り抜け方法を見つけ366番を待つことに。

 

 

あちこちにある、このソファかなり気持ちいいです。
スマホいじっていても、眠くて眠くて本気で寝てしまいました。
14時ごろ、あと30人ぐらい手前のところまで来ましたが、番号がまったく動かなくなってしまったので、店主突撃しました。
さっきと同じカウンター女性に、『そろったよ!』と遠くから合図。
そして、めでたく366番まで待たずに受け付けてくれたのでした。
こんなことなら、早めに突撃すべきでした。
SKTTプロの友人が、早朝から付き添ってくれたことに感謝です。
一人で行ってたら、ソファで寝たまま起きれなかっただろうし、今日の登録終了はなかったはず。
今日7日に登録し、受け取りは1日おいて9日に受け取れます。
受け取りは、誰が行っても良いそうなのでほっとしました。

 

 

仕事がある夕方まで時間があったので、ワッフル屋さんに寄り道。
よく通る道ですが、気づかなかった。

 

友人が注文したワッフル。
でかーーい。
すごいボリュームです。

 

 


店主が注文したピーナッツバターたっぷりのワッフル。
これまで食べたワッフルで一番おいしいです。
300円ぐらいだったかな。
うれしいことにコーヒーとのセット料金もあります。
食後のデザートには大きすぎるので、ワッフルを食べに行くつもりで。

 

 

BROWN FOX
~ 茶色い狐のワッフルとコーヒー ~

場所はレノン。
日本総領事館を左手にまっすぐ進み、左手にあります。
カーブ手前。

定休日はなく、夜22時までOPENだそうです。
まだOPENして4ヶ月らしいですが、結構、お子様連れ、家族連れ、若者同士など人が入っていました。
店内は日本風でおしゃれ。
これはお勧めワッフルです。

疲れたけど、ワッフルで帳消し。