K女史の最終日は、チャンディダサです。
そして、YH隊長ももちろん参加。
上級者限定ポイントになります。
2日前にマンボウがいたらしいので、淡い期待を秘めて出発。

出発したいですが波が高い!
船頭の腕の見せ所。

 

 

干潮の時間を狙ってミンパンへ。
波ちょっと、流れなし、透明度15m、水温27℃。
ただ、うねりがあります。

 

 

ネムリブカなどを見て、いつも通りスズメダイの群れ。

 

 

コーナーもきれいに曲がります。
こっちは更にうねりがあるなー。

 

カスミアジ向かってきた。

 

 

水面は波が炸裂しているようですが、水深7mはこんなに幻想的。

 

 

ずっとここにいたい。

 

 

レスキューダイバー300本のK女史。
安定しております。

 

 

岩礁てっぺんに海鳥2羽。
この後、魚をくわえて隣の岩へ運んでいました。
賢いね。

 

 

お次はテペコンへ。
こちらも、水中はうねり~!
珊瑚が死にそうになっている。
この前まで活き活きサンゴがびっしりだったのに。
水温が問題だと思われます。

 

 

コショウダイの大群を見たかったのですが不在。
アカヒメジの群れにホウセキキントキ(?)が1匹。
色が全然違うんだけど・・。

 

 

小さなナポレオンの後・・・・

K女史、元気がないなと思ったら、うねりに酔っていたそうです。

 

 

エキジット直後。
そこにイルカたちが数頭いますが、写りませんでした。
近くにいたんだ・・。

 

 

3本目、懲りずにミンパンへ。
K女史が休憩中、船酔いからリカバリーできず3本目キャンセル。
水面休憩終わってしまいましたし、YH隊長とエントリー。
水中は流れなし、うねりMAXという感じ。

コブシメとウミガメを撮るYH隊長。

 

深場では、ネムリブカが2匹。
3本目なので上から見るだけ。
下の方から冷たい海水が上がってきて、いい感じですがマンボウは今日も不在。

 

魚たちもうねりに翻弄されています。

 


ワイルドなポイントなので魚影濃し。

エキジットするとK女史は復活していました。
チャンディダサでランチを食べて帰ります。
いつものあそこ。

難しいダイビングでしたが、皆様お疲れ様でした。
K女史、3日間ありがとうございました。
懐かしい話がてんこもりでした。
永遠のバディO氏に宜しくお伝えください。