マイケルイントラがサヌールへ戻りました。トランベンでのアドバンス合宿は、海況もよくナイトもばっちりだったとか。

その間、店主はマイケルインストラクターに頼まれた子猫のおもり。今月初め、どしゃぶりの中、交通量の多い道路中央で傷を負っている赤ちゃん猫をMイントラが偶然発見。背中の皮膚が一部全くなくなっているので、縫合手術をしました。まだ小さくて1ヶ月ぐらいの感じ。3週間ぐらい私たちと一緒にいたことになりますが、我が家にはダコという同じ色のバリ猫がいて、やはり大人猫は子猫を気味悪がって仲が悪いのです。ダコが一方的に嫌うのですが・・。恐ろしい化け猫顔で威嚇します。

これではいけないので、やはり手放すことにしました。Mイントラの友人、ドイツ人のバーバラ。彼女は20匹猫を飼ういい人。まだ小さいリトルですが、もう元気いっぱい、ジャンプもできるし、とにかく食べる食べる食べる。昨夜は最後の晩だと予想して、たくさん遊んであげました。店主としては飼いたいのですが・・・・涙。

子猫にうるうるした愛らしい眼で、じーーーーっと見つめられると、後ろ髪ぐいぐい引っ張られます。別れはつらい。

向こうの猫館でかわいがってもらいなさいねー。友達とうまくやるんだよ。