数ヶ月前に右奥歯が割れました。
食べ物が入りやすいので、左歯で食べていたのですが、このゴールデンウィーク中に左奥歯が割れてしまいました。
これはすごい割れ方・・深いぞー。
ということで、両方とも噛めない状態で数日過ごしていました。
前歯でご飯を食べるのは難しいし、おいしくないし・・。

インドネシアに住むと、信じられないほど歯がかけます。
バリではまだ少ないですが、炊きたてご飯に小石が混じっていることがあるんですね。
スラウェシ島時代は、しょっちゅうその小石のせいで、歯がかけてました。

今日は、いつもお世話になっているデンパサールの歯医者へ行ってきました。
完全予約制です。すぐに予約がとれて良かった。
一年に一度は必ず行きます。

 

BIDCの受付嬢たち

 

設備はかなり良いです。腕もよし。なので、当たり前に値段も高めです。
数年前は、歯の神経もきれいにとってもらったことがあります。

かけた歯の写真を撮り、その画像を目の前に映し出して分かりやすく説明してくれます。
そのペン型小型カメラいいなー。

まずは、割れたばかりの左奥歯にセラミック詰め物。
よかった~、これだったら今日治る。
それでも、結構時間かかりました。

次は右の奥歯の説明・・これはクラウンにしないと駄目らしい・・。
今日、型を取ると1週間後にはめて終了。
1週間で終了するなら、日本より早い。
ただ費用が奥歯の場合、1本Rp.5.500.000(約47,000円)。
日本で治すと健康保険があるので、47,000円もかからないだろうし・・・。
でも、日本は時間がかかる。
貴重な日本滞在を歯医者に使いたくない気持ちもあるし。
んーーーーーー、即答できず、ちょっと考えることにしました。
割れていても痛くないし、今、左の奥歯が治ったから、左で噛めばいいし。
その奥歯は割れているものの、1年ぐらいは放っておいても大丈夫らしい。
その代わり、隣の歯との隙間をよく磨かなければならないと。
そりゃそーだね。
気持ちとしては、日本より、この歯医者さんに治してもらいたい・・。

小さなかけている部分も、セラミックで修正。
よく一年でここまでかけますね~。

最後は、歯石をがりがりとって、クリーニング。
長いこと、口を開けてて、顔が疲れました。
時計を見ると、1時間。
通常30分刻みで予約を入れていますが、たまたま店主の後は空いていたのでしょうね。
ラッキー。

ここは歯医者ビルです。
歯医者さんが8名いるんですね。
皆さん個室を持っています。助手も3名ほど。
因みに店主は、ハリス先生で、ビル3階のお部屋です。
日本語は話せません。

いやー、しっかり食べ物がかめるっていいですね。
ハリス先生ありがとう。

 

今日は暑い・・。
道端にあちこち立っているペンジョールですが、明日、はずされるそうです。
これでガルンガン(お盆)が終わりです。