今日7日からバリ島のお盆3日間が始まりました。重要な仕事じゃない限り、バリ人は田舎へ帰ります。

7日初日は、家の外に竹でできた長いペンジョールを立てたりする準備の日。8日はお盆当日、どこもお店が閉まって街が静かなはず。9日は、一転してにぎやか、友達や恋人などがあちこち遊びに出歩くのが恒例です。

本日、店主宅のお寺も大家によって、きれいに飾りつけされました。そして、ごっそり豪華なお供えモノ。お菓子、果物、キャンディー、豚の串も10本ぐらいお供えされている。これも恒例ですが、ダコ(うちのネコ)が早速、豚串食べてました。慣れた食べ方できれいに串から肉をゲット。お供えモノとは別に、店主にもお菓子が置いてあるではないかー。好物のTAPE(タペ)!熟しすぎるとお酒になってしまうので、即効冷蔵庫に入れました。大家さん、ありがとーっ。しかし、2ヶ月前の約束を忘れないなんて・・・それが一番嬉しかったのでした。

7日は、イスラム教の新年で、インドネシア全国的に祝日です。ヒンズーとイスラムが重なっているではないか!よーく見ないと訳分からないぐらい、休みが多いバリ島。

バリ島在住必須アイテム。『バリカレンダー』。満月・新月も明記でダイビングにも役立ちます。そしてバリ人の行動が分かる!インドネシアの一般カレンダーは、バリ島では全く使えません。バリヒンズー行事が全く入ってないためです。12月に入りスーパーでも売り始めました。今年は6000ルピア(約55円)。店主は、御用達銀行でもらいます。昨日もカレンダー催促しましたが、まだ刷り上ってないようです。張るタイプより、テーブルに立てかけるタイプが店主は重宝しています。