ついに15日です。
日本のお隣・北朝鮮の動向が気になって仕方ありません。
Xデーなるか?予測不可能だし、緊張だし、日本が心配。

一方、バリ島はお盆の最終クニンガンです。
ご先祖の霊が帰る日。送り盆ですね。
早朝からバリ人は忙しそうです。

昨日に引き続き、ジャカルタからM氏とRさんをパダンバイへご案内しました。
海況はまあまあ。波少し、一時流れ、水温24℃~28℃、透明度15m。
深場ほど冷たくて、水中も乾季ぽくなりました。

店主はRさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
2日目で、かなり余裕のRさん。
準備や片付けまでお手伝いしてくれる積極性!

常に捕食中のアカホシカニダマシ

 

体験2日目になると、こんなものまで観察できるようになります。
イソギンチャクカクレエビ

 

 

クリーニングステーション・・・寄生虫をきれいに取ってもらいましょう。

 

キンセンフエダイにヨスジフエダイも混じっていたり・・面白い。

 

ちょっと手を離してみます。

 

パダンバイは、クマノミが多いです。

 

もこもこサンゴ!
この辺は、スノーケルでも楽しめます。

 

 

ちょっと浅瀬は流れていましたが、落ち着いています。
店主たち体験は最低水温26℃でしたが、ファンダイブ組は24℃だったとか。

 

 

今日は1本目からバックロールエントリーのRさん。
細身ですがスタミナはあります。

 

2週間ぶりのタツノイトコちゃん、まだいた!
少し大きくなりました~。

 

オビテンスモドキの幼魚・・・女子二人で追いかけます。
振り返るとそこには、タコ。

 

あっ、ファンダイブのM氏。
ウミガメやオオモンカエルアンコウ2匹などの写真を撮られてました。

 

Rさん、まだ行けそうだったのでちょっと遠回りしちゃいます。

 

ここはアカヒメジやデバスズメダイ群れ群れ。

 

 

絶対、ヘラヤガラ増えています。

ロングダイブになってしまいました。
いやー、面白いダイビングでした。

 


太陽ギラギラ&お疲れ様でした。
バリ島休暇を楽しんでいってください。
ありがとうございました。