バリ島は昨日27日が大晦日、そして今日は新年ニュピです。
昨日は、もうバタバタそわそわしているバリ島でした。
バリヒンズー教徒でなくても、今日ニュピは誰もが一日外出禁止なので、ニュピ前日ともなると食料買出しなどこもる準備がいろいろ。

 

昨日は近所のお寺にお参りに行ってきました。
店主の場合、長いことバリ島に住まわせて頂いていることと、自然相手のお仕事なので安全祈願の意味合いが多いです。
お祈りにやってきた美しい女性がいきなり奇声を上げて錯乱する一幕もありましたね・・。
何かに憑依されちゃったようです。
よくあることなのか、バリ人らは気にも留めずという感じ。

そして家に戻ってニュピに食べるものをさくっと作って、夜はオゴオゴ行進を見物に。
去年の広場開催が不評だったせいか、今年は通常通り一般道路で行われたサヌール地区オゴオゴでした。
渋滞にはなってしまいますが、この方が、お年寄りも沿道で楽しめるので良いと思います。

出発前・・・19時過ぎです。
各地区から何基も張りぼて人形が出ます。
全部手作り!

 

近所から湧き出てきたオゴオゴ人形たちが、コース通りに動き出しました。
いいなぁ。

 

おっぱいが・・・。
煙の演出などもあります。

 

躍動感も大切な評価基準らしいです。

 

 

バリ伝統音楽隊も一緒。
もう、これは圧倒されます。
体の芯まで響きます。

 

鬼や悪霊のシンボル化したオゴオゴ人形。
この人形たちと打楽器で大騒ぎして、鬼たちをおびき出し追い出す意味があります。

 

 

担ぐ男性陣も大変です。
子供の頃から、こういう伝統行事に参加して大人になってゆくんですね。
よちよち子供チームは、30cmぐらいの小さなオゴオゴ人形を出しているところもありました。

 

あれー、終点バイパスマクドナルドへ向かわず座り込んで演奏しているチームが・・・。
なんと、巨大オゴオゴの後ろを行くはずでしたが、出発直後に人形の足が折れたそうです。

ちょっと落ち込んでいる様子でしたが、ここで店主は演奏をじっくり聞かせて頂けました(録画!)。
その迫力にじーんと来るものがあります。

そして今日は起きた時から静寂です。
飛行機もフェリーもすべてストップ。
幸いなことに天気で、裏のニワトリや鳩の声、遠くの犬の鳴き声しか聞こえません。
今夜は、家から灯りが漏れないようにして、静かに星でも見てみようと思います。

 

うちのダコさんも静かなニュピが大好きです。
ダコさん、慣れたもので13回目のニュピですね。
この静寂を楽しみましょう。