お隣ジャワ島・スラバヤよりお越しのリピーターK夫妻をリクエストでパダンバイへご案内しました。
またもや、一瞬キャンセルになりかかりましたが、2ダイブ・ナイトロックス使用ということで催行可能に・・。
ありがとうございます。

本日のパダンバイ、海況抜群。
波なし、流れ浅瀬でちょっと、透明度15m~20m、水温29℃。
1本目エントリーして、感激透明度でした。
ただ、ディープウォーターエントリーだというのに、店主の左耳が相変わらず抜けない~~っ!!
2月19日から始まったってことは、もう3週間。
奥様Mさんに水中でそのこと伝えて、ゆっくり潜行させて頂きました。
Mさんは、元イントラなので話が早くて助かります。

ま・・なんとか予定深度に到達して、前回のホウセキカサゴを3人の目で探しましたが、見つからず・・。
みんなどこへ行ってしまうのかなぁ。

予定外のオオウミウマ。ここにもいるのね。

 

今日は見上げてもきれいで、グルクマや小さなイソマグロ?も通ってゆきます。

 

K氏、この前555本だったんですよね。
おめでとうございますー。

 

クマザサハナムロがびゅんびゅん。
そして、Mさんはゴマモンガラ攻撃を受けてました。お気の毒。

 

滞在を延長して、まだバリ島にいるサウジアラビア国王ご一行1500名。
1500名は、明日バリ島から日本へ向かいます。
K夫妻、明日空港で厳戒態勢に出会わないことを祈ります。
1500名到着時は、45分間空港閉鎖の予定が、結局2時間になったらしいですから・・。

 

今日も平和だ・・。
一応、耳抜き薬飲んでエントリー。久々です。

 

わおーーーっ、スパスパ抜ける。
よかった~。

会いたかった2匹いたタツノイトコが海藻ごと消えてるし・・。
人通りが多いもんな。

深場にいたオオモンカエルアンコウペアは、上がってきていました。

ツマジロオコゼや

 

オオウミウマはいつも通り。

 

ここのウツボちゃんたちは優しいです。
フタイロカエルウオやイシガキカエルウオもたくさん。

 

夫婦でがっつりダイバーは、見ていてほのぼの。

 

いつもそこから動かないホシゴンベ。
実は店主気になっています。

 

ボラ軍が行ったり来たり。
最近、単体も目立ちます。

小さなウミガメも水面へ。

ベテランダイバーほど、安全に潜ります。
すてき!
エキジットブイで、アオリイカが産卵しそうなシーンに遭遇。

次回、要チェックしときます。
ロングダイブ、お疲れ様でした。

 


気の早いことに、ホテルのロビーにあったオゴオゴ人形。
バリ島の大晦日は、3月27日。無数のオゴオゴ人形がバリ島を闊歩します。
この張りぼて人形の製作が、ぼちぼち各地で始まっています。
そして、3月28日はバリ島の新年(ニュピ)となります。
一日中静かに過ごす日で、外出禁止になります。
空路・航路・陸路全てストップです。

K氏・Mさん、今日もありがとうございました。
また4月、待っています。