木の日
 
今日バリ島は、Tumpek Uduhという木の日です。
バリ人風にいうとトゥンポッウドゥー。
ガルンガン(お盆)の25日前に行う儀式。
えっーーーーーもうガルンガン?半年に1度だととても早い周期。
植物や果物たちにしてみれば、25日後に迫った死刑判決かと店主は思いましたが、どうやら25日後にガルンガンがあるのでそれまでに実りが多いように宜しくね、頼むね、という意味あいのようです。
木、ココナツ、果物、植物などすべてに対し、宜しくねと。
米粉や砂糖でおかゆを作り、すべての木に少しずつささげるそうです。
ほとんどはバリ人らで食べるそう。
田舎ではどこの家も作るそうです。
町の人はそのおかゆを買うそうな。
 
相変わらず天気が悪いですが、ハイシーズンらしく人は多いですね。
雨漏りを昨日直してもらったはずなのに、今朝の雨漏りはもっとひどくなっていました。
なぜ?
ま、こちらではよくあることですが、応急処置しかしないからです。
全体を調べて原因を探ることは、家に関しても、車のACにしても、人間の病気に関してもしません。
恐らく、インドネシア99%の人の家が雨漏りしていると思われます。
雨が降るとわかっているのに、雨漏りしない家造りがなぜできないのか不思議でなりません。
もっとがんばろうぜ、インドネシア人!
と、毎回雨漏りのたびに思うわけです。
 
昨日、愛犬コロのお墓参りに行ってきました。
引越ししたため、お墓は前の家にあるんです。
大家さんに鍵を借りて入らせてもらいました。
9月28日の毒殺だったので、ちょうど3ヶ月。
つらすぎることだったので、もうずっと前のことみたいです。
私たちは今でもコロのことを忘れません。
1ヶ月ほど前、フローレス人の犬殺しが、バリ人らに集団暴行をうけて捕まった記事が新聞に出ていました。
ずっと刑務所にいてほしいですが、現行の法律だと保釈金がたったのRp.100。
これっていくら?1円。
Rp.100ってバリでもキャンディ一つと同価。
法律改正しようよー。怒