今朝は起きた瞬間から、心臓が飛び出そうになりました。
はぁ~、自分のドジにイライラです。
さて、気持を切り替えてトランベンへGO。

昨日と同じメンバーなので、朝から和気あいあい。

昨日は透明度20mと聞いていたトランベンですが、落ちてる・・・(海ですからネ)。
波なし、流れなし、透明度10m前後(深場は15m)、水温28℃。

なぜか沈めず、昨日より1キロ増やしてエントリーのYさん。
群れ群れにまみれます。

 

ダイブマスターレベルのYM氏は、マクロとGOプロの2つです。
US海軍仕様のフィン!

 

オックスアイスカッド(アジ)の群れ。
浅場の透明度が白かったことが残念ですが、圧巻。

 

A氏、ばっちりでーす。

リバティ号に移動。
皆さんトランベンが初めて。

Yさんのちょっとしたトラブルのお陰で、水面に上がってきたウミガメをゲット。

 

船内

 

A氏も次はカメラデビューだそうです。

 

3本目、まだまだ皆さん元気です。

 

Yさん、2日間でいろいろやらかしていますが、急成長中です。

 

帯広・東京・名古屋
なまらきれい
とてもきれい
でらきれい

 

A氏、これがおととい見たアカククリの成魚ですよ。
そして、向こう側には大きなナポレオンが悠々と通り過ぎてゆきます。

 

捕食中のケショウフグを裏面から観察。
メタボ!

 

美しく安全停止。
お疲れ様でした!

 

広大なライステラスの一部。
帰りは、ある物探しにコンビニ4軒ほど止まります。
のんびりサヌールへ。

A氏、これからはブランク空けずにたまに潜ってくださいね。
今の感じばっちりです。
皆様、今日は朝早くからありがとうございました。