夏の繁忙期が無事終了しました。
ヒヤッ、ドキッ、えーーー?、なんで!!と思うことは度々ありましたが、事故なく終了することができ今はほっとしています。
店主一人で安全を提供することはできません。
ローカルスタッフに支えられ、一日一日を大事に、真剣勝負で皆様を海へご案内させて頂いています。
忙しかったので、人使いが荒くなっても、遅くなっても、愚痴一つこぼさず淡々と働いてくれました。
本当に感謝です。

そんな訳で、今宵はスタッフを和食レストランへ連れて、ブルパラお疲れ様会です。
日本食に無縁なバリ人たちなので、面白いことになりそう・・・笑。

 

わお、約束の18:30に現地にきちんと集まりました。

場所は先月近所にOPENした和食食堂『Nagoya』Jl. Batur Sari no.20 Sanur。
おいしい、安い、近い  三拍子揃ってます。

バリ人たちは、和食の何が食べられて、何が食べられないか人によって全然違うので注文でかなり迷いました。
無難に食べられそうな、でも和風な感じのものをチョイス。
だし巻き、各種巻物、各種串物、名古屋風スパゲティナポリタン、天むす、台湾ラーメンなど。

まずは、箸の使い方を伝授。みんな人生初の箸。→ 巻物をテーブル下に落とした人あり!
ツナマヨ巻きは食べられたのに、鉄火巻きは生だったので食べられない人あり。
天むすの海苔が食べられなかった人あり。
醤油をつけすぎて、『しょっぱい』と言う人。塩梅が難しいですね。
ご飯はバリの米よりモチモチしているので、『もち米が入っているのでは?』と言うバリ人ら。
普段酒飲みなのに、ホットオレンジを注文し、持参したアラック(バリ焼酎)を足す者もあり。→賢い!確かに合うなー!笑

偶然、近所の日本人友達Oさんがやってきたので、ご一緒して頂きました。
スタッフもOさんと面識があるので、みんな大喜び!!
あーだこーだ、バリ人が日本食と格闘してる感じが見ていて面白かった~。
ブルパラ看板運転手は、何でも食べられました。珍しい。
ガリ、わさび、焼き海苔、刺身・・・全部食べられました。

fullsizerender

つくねは、ご飯に合うと好評でした。(途中で気付き、写真はこれだけ)

 

ちょっと頼みすぎちゃったかな・・・でも残さず全部頂きました。
お腹パンパン、締めはコーヒー。
もちろん、ブラックで。
ブルパラは、長いこと砂糖禁止令で運転手も今はブラックコーヒー派なのです。
あんなに砂糖入れたら、糖尿病になっちゃうよ。

普段は現場なので、仕事の話しかしませんが、こういう和やかな雰囲気だと全然違う話が聞けます。
バリ島らしい本当にあった不思議な話とか。
遺体をこの暑さの中でどうやって長期保存するかとか。
オペ室で奥さんのお腹(内臓)を見せられながらドクターに説明を受けた話とか。

実際の宗教とKTP(身分証明書)の宗教が異なっている人が多数いることなど。
閉店近くまで、話は尽きませんでした。
あぁぁ、興味深い話が次から次へと出てくる出てくる。
バリ島に来て13年、知らないことがまだまだあります。

心強い君たちに助けられて、店主はスムーズに働けています。
ありがとう!
いつも頼りにしています。