バリ島からヨーロッパへ飛ぶとしたら、やはり乗り継ぎはシンガポールやタイなのではないか、と思っていました。そんな思い込みを持ちながら旅行会社へ、まず情報だけでも聞いてみよう。

まず妥当なところで、シンガポール航空で料金見積もりすると、想像していた以上に高くてひっくり返りました。デンパサールから往復が2225ドル(2回乗り継ぎ)。いきなり撃沈。全然、無理な金額。ヨーロッパ路線はよく分からないので、『じゃ、あなただったらどうする?』と逆にチケットカウンターの偉い人に質問してみました。

偉い人:カタール航空でドーハで乗り換えして、ヨーロッパへ入る。

店主:えっ?カタール?ドーハってどこ?

偉い人:ドーハは、多分・・・・・中東。

店主:中東??? (そこにある世界地図でドーハを探す偉い人と店主たち。)

店主:あったーーーー!ドーハ!サウジアラビアの町なのかな・・?

カタール航空料金バリ島→ドーハ→ヨーロッパの地方都市 往復1690ドル(1回乗り継ぎ)これ2番目に安い料金です。一番安いのは満席。これだったらありなんじゃないですか。 535ドルも安くなって、しかも乗り継ぎも1回減りました。

カタール航空や初地名のドーハについて、戻ってネットで調べてみました。安くても変な航空会社だったら、怖いので。そしたら何と・・・全くの逆。世界の五つ星航空会社の1つだったのです!!機内食の充実度、ワインの銘柄やアメニティのサービスなどすごい!サービス重視で大きな事故を起こしたことがない安全な航空会社でした。目からうろこ。サウジアラビアではなく、航空会社名のカタールは、カタールという国でした(笑)。湾岸諸国の一国で、石油と天然ガスが出る大金持ちの国。ドーハは、カタール国の首都でした。因みに、中東放送局アルジャジーラの本社もドーハにあり。ハブ空港のこともあり、ヨーロッパ各地方都市まで路線を網羅。バリ島からドーハへ出ればヨーロッパ隅々まで足を運びやすいのです。知らんかったよ。因みに、成田—ドーハも2010年4月就航。マイレージはANAも同じグループ。現在、ドーハ空港は拡大中で、2015年には、世界で一番大きな空港になるそうです。大成建設とか日本チームもそこで頑張っているようです。

なんだかカタール航空を使いたくなりました。ドーハ空港も探検してみたいですね。そして、カタールというお国にも興味が出てきました。ラクダで砂漠ツアーや料理がよさげです。人口の25%がカタールの人で75%は外国人。考えられない比率。どっちが外国人だかよくわかりません。店主、ヨーロッパへ行く場合、絶対カタール航空を使用したいと思います。カタール国ドーハ市に3泊ぐらいして異国情緒を味わいたいですね。