今は東京勤務になってしまったAさん(元インドネシア在住)とデンパサールYH氏より、テペコンリクエストでGO。
Aさんは、昔アドバンス講習をやらせて頂いた元生徒でもあります。
もうたくましい300本ダイバーになっていました。
そして、店主のカメラハウジングを日本から運んで頂き感謝!

IMG_0001

南国の花、ハイビスカスとプルメリアが挨拶してくれます。

さて、上級者ポイントのミンパンへ。
穏やかですが、透明度が悪く・・10m。
水温は27℃と温かい・・・。

IMG_0002

Aさんと潜るのは何年ぶりなんだろう・・・。
立派になって帰ってきました。うれしい!

 

IMG_0015

Aさんの手元にいたオニカサゴ、気をつけて!

 

IMG_0018

サイケデリックな感じ。

 

IMG_0023

過疎化したイソギンチャク。人口密度低すぎでしょ。
深場へマンボウ探しに行ってみましたが、見当たらず。
いつものウミガメとナンヨウハギはいましたが、今日は魚影がイマイチでした。

 

IMG_0031

水面休憩は、YH氏より嬉しい差し入れ。
サヌール地区・パン屋 『Japan ベーカリー』のメロンパンとテルールアシン(塩漬けゆで卵)。
これらをコーヒーで頂きました。
すごい組み合わせですよね。
でも、おいしかった。

2本目はテペコンへ。
お二人にとっては初めてのポイント。
穏やか、透明度は少しよく15mほど、水温27℃。

IMG_0040

ボディがステキなノコギリダイ

 

IMG_0041

アカヒメジの群れに襲われてるかのようなYH氏。

 

IMG_0044

次はムスジコショウダイの群れすぎる群れ。
ここまでいると圧巻です。

 

IMG_0049

スリバチカイメン・・・ゆっくりしたいがゆっくりできず。

 

IMG_0060

潮通しもよくサンゴも生き生き。

 

IMG_0062

THE アカネハナゴイ

 

IMG_0063

で、お二人も夢中。

 

IMG_0071

安全停止は断崖絶壁、水面の波しぶきがダイナミック。
タテジマヤッコのペア、ニセタカサゴの行き交う群れ、体表にとげとげ突起があるツマジロモンガラなどを観察。
マンボウは気をつけて見てましたが気配なし。

 

IMG_0073

テペコン、ありがとう!
そして、Aさん、YH氏ありがとうございました。
懐かしい話がいっぱい。