東京よりお越しのK子さんとパダンバイへ。
2014年8月に家族でトランベン3泊4日以来ってことは、2年ぶり。
時が経つのは早いものです。
ご主人はお仕事、息子君はカナダ留学中ということで、K子さんはワクワク一人旅でいらっしゃいました。
お久しぶりでーす。
ガールズでまったり楽しみましょう。

1

ダイビングも2年空いてしまって不安がっていましたが、この通り。
やはり、ダイバー。
このフード、トランベンで買った思い出の品・・・。

本日のパダンバイは、波少し、流れ少し、うねり時々、透明度10m~12m、水温29℃。
透明度が予想していたより悪くなくて助かりました。

2

ここはうじゃうじゃ・・・

 

3

キンセンフエダイやヨスジフエダイが集まる大きな根。
大きなナポレオンも通ってゆきました。

 

4

安全停止はさんご礁の上を軽くドリフト。
キツネフエフキ&カスミアジの共同ハンティングが終始見られました。
尻尾がないヤッコエイもいたなぁ。

 

5

再会を祝してロングダイブ。
2年のブランクに終止符。

 

6

同い年なので語り合います。
『ボートダイブは楽チンね!』

 

9

スカシテンジクダイもうじゃうじゃ。

 

10

クリーナーフィッシュ(ホンソメワケベラ)、寄生虫を食べてくれます。
独自の飛び跳ねるダンスを魚たちに見せることで、『私は掃除屋』と教えているそうです。
ってか、何でそれが魚たちの常識なのかが不思議です。

 

11

K子さん、クマノミの先生状態・・・笑った~。
美しい甲羅のウミガメも通ってゆきます。

 

12

うわぁぁぁぁぁっ。すーごーいー後姿。ゴージャスだよーーーーー。ピンク、白、赤!
K子さん、白を子供だと思っていたそうな・・。
確かに家族みたい。

 

13

ホウセキカサゴ、ありがとう!
脳内の幸福物質が放出(特に店主)。
そんなんで、またまたロングダイブ。
K子さん、たくさん写真を撮れたしよかった。

今日はありがとうございました。
2年ぶりの再会が、あまりに普通で嬉しかったです。