本日は、ジャカルタT氏とトランベン・リバティ号へ。
2週間ほど海況が悪くて、やっと行けたわぁぁぁ。
沈船ダイブですが、トランベンの場合はビーチエントリーになります。
心配だった波ですが、1本目は波が中程度でしたが、2本目は潮が満ちて波が消えました。ほっ

 

 

usat_liberty

リバティ号が生まれた頃の写真です。全長125m。
第二次世界大戦中はアメリカの貨物船でした。
1942年1月11日、オーストラリアからフィリピンへ物資を運ぶ途中、ロンボク海峡にて日本軍の魚雷を受け一部浸水。
トランベン村に運ばれました。
その後、時は過ぎ、1963年~1964年。近くのアグン山大噴火により、トランベンの海岸線に沈みます。
そして、今ではバリ島の人気ダイビングスポットとして、毎日多くのダイバーが集まります。
去年からの大波で、かなり崩れてきてしまっているのが見えます。
形あるものいつかは無くなってしまうのは仕方がないこと。
リバティ号、もうちょっと頑張ってね。

IMG_1808

朝は波がありましたが、きれいにエントリーしたT氏。
浅場は濁り気味でしたが、深場は透明度18mと悪くない。
流れもなく、水温28℃。

 

IMG_1809

リバティ号船尾で見上げると・・

IMG_1837

最近定番のコガネシマアジ組

 

IMG_1839

道産子店主は、いつもここではスキー場を思い出します。

 

IMG_1846

ゴールドスペックジョーフィッシュたちが活発です。

 

IMG_1854

T氏、昨日よりずっとずっとエア持ちがよくなりました!
ナポレオンが通り過ぎました。

 

IMG_1859

一時、かなり減ってしまったアカヒメジがまた増えてきたよう・・。

 

IMG_1869

ハダカハオコゼきいろちゃん。

 

IMG_1871

沈船内、魚影が減った??

 

 

IMG_1878

メタボなアラレフグがコショウダイたちと交じってます。

ジャカルタT氏、2日間ありがとうございました。
リアルなインドネシア事情、勉強になりました!