ちょうど2年前の4月、近所の釣具屋でその子たちと出会ってしまったのでした。

うちで飼うことになってしまう動物といえば・・・
増えすぎて処分に困っているハムスターとか
迷い込んできた子犬とか
道路でひかれて動けなくなっている子犬とか
どぶ川で死にそうな子猫とか
育児放棄か回収忘れなのか、生まれたて子猫とか
猫が連れてきちゃった赤ちゃんネズミとか
巣から落ちちゃって動けなくなっている小鳥とか
昔から、そういうパターンばかりです。

でも、2年前の4月は一目ぼれで、お金を出して買ってしまいました。
闘魚ベタ!!!
ここでは50円ぐらい?安すぎる命だなぁぁ。もっと高くていいのに。
自分の意志で欲しいと思って飼った動物って初めてかも・・・。
当時、見ていたドラマ主人公が飼っていたこと。
そして、そのベタの美しさに惹かれました。
こんなに美しいのに小さなビニール袋に入れられて店頭販売されていたのも、ちょっとかわいそうに見えたし。
美しいのにものすごい威嚇で傷つけあってしまうため、2匹買ったので水槽も2つゲット。

IMG_1439

青ベタちゃんの若い頃

 

IMG_1442

なんて愛らしいんでしょう。

 

IMG_2761

赤ベタちゃん、体が小さめで気がやさしい子でした。
赤ベタちゃんは、この前の12月に逝ってしまいました。
病気の様子はなく、自然に。
釣具屋で売られていた頃が何歳なのか不明ですが、そろそろ寿命なのかな・・。

ベタの寿命は2年です(ネズミと同じ)。
ジャワ島産で成魚でバリ島サヌールで売られてるってことはもう数ヶ月は経ってるはず。

IMG_5504

猫・ダコは、この2年間、ベタたちの水槽が水のみ場に。
3匹とも慣れたものです。

 

今年に入り、一匹になってしまったけど元気に過ごしていた青ベタちゃん。
1ヶ月ぐらい前から、食欲がなくなっていきました。
呼びかけにも反応がなくなってきたし、なかなか起きない。
頭によぎるのは、『寿命』。

3月後半は店主もダウンしていましたが、青ベタちゃんも全く食べなくなり一緒にダウン。
『お願いだから、一粒でもいいから食べてよー』
でも、動物は食べないんですよね・・・。
本当に魚用点滴があるなら、したかった。

 

 

IMG_2322-0014月2日(土)に水槽掃除や日光浴を・・。
でも、これが最後のクリーニングに。
水面まで呼吸しに上がるのもしんどそうだったので、おぼれないよう水を3cmぐらいしか張らず。

 

IMG_4210

あとは、もう泳ぐことなく、ずっと葉っぱのベッドで寝ていました。
横になって10分に1回呼吸するだけ。
虫の息ですが、かすかに口とエラが動いていてすごい生命力だなと・・。
観察しながら、うるうる。
こんな小さな生き物に感動させられました。
2年間で初めてベッドサイドに置いて寝ました。

そして、今日目が覚めると、青ベタちゃんはついに逝ってました。
大往生です。
自然死・老衰です。
寿命です。
と思いつつも、やはり悲しいのです。

ちょっとしんみりモードです。

先ほど、赤ベタの隣にきれいなお花てんこ盛りのお墓を作りました。
ジャワ島生まれなのに、サヌールの日本人に飼われたベタちゃんたち。
このご縁に感謝。
本当に2年間ありがとう。