2日間、生まれ変わったブルパラ号が働いてくれました。

ゲストは、インドネシア同期隊員、職種『助産師(midwife)』。

彼女は現在看護大学の先生で、今回バリ島で学会発表のために来イしたのでした。

仲間の女性教授陣3名と。

夕食リクエストが・・・サヌールの屋台へ連れて行ってほしい。

そんなわけで、店主とサヌールで合流。

ワルンKKNへお連れしました。

同期隊員は、昔、東ジャワで活動してました。

ワルンKKNのオーナーは、東ジャワ出身。

味付けが懐かしいと大好評!

バリコーヒーを飲みながら、テンペゴレンを追加注文し、サンバルつけながら食べる同期。

さすがだ!

インドネシア語を忘れていない!すごい。

先生たちにも全部きれいに食べていただけました。

店主も入れて女5名で、かなり楽しいひと時を過ごすことができました。

もっと、時間があればいろいろなお話を聞きたかった。

店主、笑いぱなしでした。

8年ぶりの同期との再会でしたが、彼女の頑張り見て店主はエネルギーをもらえました。

また、何か理由をつけてバリに来てほしいなー。

感謝。