名前の通り、写真現像屋です。
メモリースティックやCDでデータを持ち込むと、その場で現像してくれます。
証明写真も撮影・現像をすぐしてくれます。
便利なのは、コピー屋を兼ねている写真屋さんがほとんど。
サヌールでもあちこちコピー屋さんが増えてますね。
日本のようにコピー機がそこらじゅうにないので助かるサービス。
老舗できれいにコピーしてくれるのは、やはりメルシーフォト。
 
本を一冊コピーしたい場合、メルシーフォトに持ち込みます。
そうすると、全く同じ状態で製本されてきます(白黒)。
混み具合で変わりますが、1−2日で終了。
これ、日本でやろうと思うとどこへ持ち込めばいいのでしょう・・。
これはインドネシアの便利なところです。
本当は本のコピーはいけないんでしょうけど。
 
メルシーフォトはサヌールに2軒あります。
繁華街タンブリンガン通沿いピカデリーレストラン前。
繁華街から離れますが、バイパスサヌール警察の隣(警察が隣なのにコピー機盗まれた経験あり)。
 
ちょっと面倒ですが、店主はいつも警察隣のメルシーへ行きます。
それは若干安い気がするし、なんせスタッフがアットホームな感じでいいから。
店主が店内でハチと格闘して大騒ぎになった時も、みんな優しかったんです。
 
店主が敬遠する繁華街のメルシーは行くとわかりますが、会計・コピー周辺にいるおばさんたち・女性陣の態度がひどい!
いつも迷惑な顔で面倒臭そうに対応されるのが嫌です。
対照的に、写真チームの男性陣は温厚でいい人たちばかり。
 
昨日、どうしても書類をスキャンして、データを日本へ送らなきゃいけないものがあったのです。
事務所のは壊れてしまい使えず。
どこでスキャンできるのか分からず、敬遠していたメルシーが近かったため聞いてみたのでした。
いきなり、会計のところにいるぶっちょ面のおばさんだ〜。
『スキャンできますか?』
『できるよ』
『1枚いくらですか?』
『んーーーーRp.5000(50円)かな。』適当ぽい。
『それをメモリースティックに入れてほしいんだけど』
『それはRp.5000』
『え?スキャン1枚するだけでRp.5000、スティックに入れるだけでRp.5000。計Rp.10.000?印刷しないし紙使わない。スティックに入れるだけで1枚Rp.5000はおかしいでしょ。クリックするだけだよ』
『おかしくないよ。電気使ってるんだから。』
バリ語で愛想悪い他の女性陣に店主のこと文句言って笑ってる。
男性陣は、口出しすると怖いのか成り行きをフォローできずだま〜ってる。
 
店に入ってきたお客に対して、身内にしか分からないバリ語使って堂々と客を非難する接客態度。
これ日本じゃありえないですね。
すごく馬鹿にされた感じがして、むかついた顔してそのまま出る。
やっぱり最低な対応だ。怒
お金の100円の問題ではなく、こんな店に100円も落としたくないという気持ちで。
 
100mほど走ったところにあるLevi Photo(ブサキホテル前)でスキャンできるか聞いてみると、できない。
だけど、隣のインターネットカフェ行ってごらんと親切に教えてくれた。
『そうかーインターネットカフェという手があった!』
店主、普段使ったことがないため思いもよりませんでした。
そしたら、『スキャン1枚 Rp.5000』と店内に表記があったのでした。
恐る恐る『データをスティックに入れたいんだけど追加料金ない?』
『はははー、そんなのありませんよ。』と気持ちよく言われた。
やっぱり、そんな料金発生するのがおかしい!
やっぱ繁華街のメルシーは、ぼるところだ!
このインターネットカフェの若いスタッフに気持ちよくお金が払えたのでした。
 
マカッサル時代はこの手のことは皆無。
バリに来てから客を馬鹿にする態度多いです。
特にバリのおばさんたち。
勘違いしてる売り子が多い。
 
ウブド市場でも暴言と中傷を浴びせられ、むかつきすぎて店主泣いたことがあります。
ただ商品を見ていただけ。
店主が買わないと分かった瞬間、おばさん豹変してまくし立ててきた。
なんじゃーこのばばあ???
店主、激怒モード入った。
だけど怒るのはタブーだから、泣いてしまえー。悔し泣き。
でも、本当に店主に言ってはいけない言葉を言ってきたのです。
『あのおばさんにいじめられた〜』と言って指指して、大泣きして大騒ぎしてやりました。
周囲騒然。泣いてる人には優しくなるのです。
これ、店主の仕返し。笑
 
そんなわけで、これから繁華街のメルシーは絶対に行かないでおこうと誓ったのでした。