実は、12月3日の夜から突然インターネットが使えませんでした。
店主は、かなり前から使っているLANケーブルのスピーディ使用。
数ヶ月前よりサヌールで急速に売り出し中の光ケーブルindihomeへ乗り換える気持ちは、一切ありません。
なんてたって動画もスムーズに見られたし、快適な環境があったので、それを壊したくなかったのもあります。

次の日4日、近所tondano通りの電話通信会社テレコム事務所へその報告。
携帯電話でゲストからの問い合わせメールを返信するのも大変だぁぁぁ・・。
応急処置で、iphoneでテザリングを試すも、できない。4Sだから?

5日、tondanoのスピーディ担当者がやってきてくれました。
電話もネット回線も『うちの問題ではなく、indihomeへ変更のために勝手にきられちゃってるから僕直せない』と。
でも、親切に147への登録をしていってくれました。
147とは、テレコムのカスタマーサービスセンター。
1回の苦情申し立てで、3日間は有効らしい。
履歴は残るよう。
土日はさむが、とりあえず3日間待ってみよう。

6日、日曜日なので絶対にテレコムは来ない。
いい加減、携帯でメール返信が大変なため、近所のWIFIを使わせていただくことに(ごめんなさい)。
正面のSPAで『足裏マッサージ1時間』しながら、パスワードをゲット。
2つぐらいしかWIFIバーは立たないけど、メールぐらいならできる。
ちょっと安心。

7日、3日目最終日、やはりテレコムは来ない。

8日、2回目の147カスタマーサービスへ苦情申し立てを自分でする。
人間なのに機械的な対応が、むかつく。
『いつ来るの?』
『できるだけ早く』
『だから、いつ来るの?』
『できるだけ早く』
『だから、いつ来るの?もう待てない!!!』
もう喧嘩ごしの店主・・・ここでは怒っても無駄なのにね。

9日、テレコムの人間から突然連絡があり、今から配線チェックに来るというではないか!
やった~!!
でもでも、『今』と言ったのに、結局現れず。
さすがインドネシア。
その後、その電話番号にいくら電話かけても誰も出ない。怒

10日、待っても誰も来ない。
かなりテレコムに不信感。
毎月、お金を払ってももう1週間、電話もネットも使えないなんて。

11日、怒りがおさまらず、ダイビングで頭を冷やす。
帰路、テレコム147へ3度目の苦情申し立て電話。
『お待ちください』と言われて、何分も待たされる。
そして、電話に出ると、いつもの同じ機械的な人間が全く同じ質問。
『もうさ~あんたのところ苦情の履歴残ってるでしょ。こんだけ待たせて同じこと何度も言わせるな。電話代高い(プルサがなくなる)から、質問するならかけ直して!』とぶち切れてしまいました。もちろん、電話はかけなおししてきませんでした。インドネシア人は怒ると怖くて逃げてしまう性質。はぁぁぁ。

12日、テレコムの人間は現れず。
月曜日、絶対にデンパサール本店かレノン店で大騒ぎしてこよう!

13日、日曜日だから動きないなぁ。
偶然、近所のtondano通りのテレコム事務所前を通ると、セキュリティの人が日曜出勤をしているのを発見。
この10日間の流れを愚痴り、テレコムって最悪な大手独占通信会社だよね~と雑談。
セキュリティの方も、『光ケーブルへ移行であちこちから苦情ばかり。下のほうも大変なんだよ』と。
『電話線担当のワヤンという技術者がいるので、僕が苦情を伝えておくよ。あなたもかけてみなさい』と電話番号をくれた。
テレコムに呆れるインドネシア人の声 → インドネシア人も店主と同じ気持ちじゃん!!

14日、早速、ワヤン技術者に電話してみる。
っが、『あなたの苦情はさっき聞いて調べてみました。光ケーブルへ移行のために不通になっているんです。僕には何もできないので、こちらで苦情を上に上げておきました。待っていてください』と。でも、セキュリティの人はちゃんと技術者に伝えてくれたし、技術者ワヤンも上に苦情を伝えてくれたし、なんだか嬉しかった。毎回言われる『待て』にはうんざりだけど、待ってみることに。2時間後、待ちに待ったテレコムの人たちがやってきた!!!!

簡単に終わるかと思いきや違った・・・。
『これから光ケーブルに全世帯変わります。今からあなたのケーブルを取り替えます』と。
まじっすか?
店主は、『光ケーブルのindihomeには入りたくない。ただ、今までと同じくスピーディでネット環境があればいい!』
『大丈夫です。いづれにせよ、これまでのケーブルはもう使えないんです。だから、あなたのところは不通なんです』
お金は一切かからないというし、じゃ、替えてもらいますか。

IMG_4293

近所の電信柱から、本当にケーブルを引き始めた。
危ないなぁ。落っこちないように。
隣の屋根とか適当に引っ張って、何とか事務所まで来たけど、木や瓦屋根にはばまれ作業は難航。
1時間で全然終わらないじゃん!

IMG_4297
結局、今までと同じ配線ができず玄関ドアをドリルでぶち抜いてケーブルを通します。
あらら、大変なことに・・・冷汗。
やっとパソコン近くまで来た。
ここまで2時間30分。

IMG_4301

wifiルーターまでやってきた。
『えー、今まで通りケーブル使用のスピーディでいいのになんで?wifi スピーディになるの?』
『はい、テレコムから無料提供だし大丈夫です』というではないか。

店主の中では、どうも『indihomeに勝手に強制的に加入させられているのではないか?』という疑念が・・・。

そして、ケーブル張り作業が終わる頃、新たにテレコムのWIFI設定技術者がやってきて、全部やってくれた。
どうも納得できないので、もう一度きいてみた。

『絶対、光ケーブルindihomeに加入したくない。スピーディがいい。テレビ観ないし、新たな電話番号も不要。ネット環境だけあればいい。』

『大丈夫ですよ。これはindihomeの契約ではないです(月35万ルピア)。今までと同じスピーディの契約内容です(月27万ルピア)。ただ、もう【スピーディ】という名前が【indihome】という名前に変わるだけです。新たな電話番号もありませんし、テレビも見られません。毎月払っている料金も一切変わりません。ただ、全世帯のケーブルを変えなければならないのです。これまでのケーブルはもう使えないのです。』

初めて納得できた店主。
こういう大切なことを事前にCMとかで大々的にお知らせしてくれてたら、突然不通になってびっくりせずに済んだだろうに。

今日、電柱からパソコンまで新しいケーブルを引くのは大変だったけど・・・
ー有線からWIFIになった
ー通信速度が速くなった

ースピーディと同じ料金

なので、ここ数ヶ月でindihome(テレビチャンネル+電話番号) に飛びつかなくてよかったと思えたのでした。

やっと理解できました。

しかし、大手テレコムさん!
導入、営業販売、現場作業の人員手配・バランスは最悪ですわ。
光へ移行だからと予告なしに不通にするなんて、国民は大迷惑です。
日本ではありえませぬ。