昨日と今日はサヌールのオダランです。
地域にあるお寺の誕生日のようなもので、バリ人にとって大事なセレモニーの一つ。
よくダイビングで出かけると、田舎で渋滞になったりしていますね。

スラウェシ島からバリ島へ移り住み、早いもので11年。
今回はじめて『お寺でお祈り』に参加してきました。
というのは、店主自身に沸々とそういう気持ちが湧いてきたからです。

今年の繁忙期8月は、不思議なこと、助けられたことが多かったのです。
純粋にその『感謝』を伝えたかったから。
毎日、冷汗の連続の中、無事にダイビングを終えることができました。

しかし、お寺に行っても作法が全くわからない店主。
ナビゲーターは、スタッフワヤン2号。

IMG_5967お祈りする際、手の間にはさむお花。

 

 

IMG_5971近所の人たちがわんさか来てました。
ベンケルのお兄さんとか、レストランの会計係のおばちゃんとか。
見たことある顔がいっぱい。

 

 

IMG_5978お供え物のチャナン

 

 

IMG_5993聖水をかけてもらって、お米を額と首につけて終了。

 

 

IMG_5994前にうちにいたワヤン1号の子供たちとお婆ちゃん。
こんなに大きくなって!

 

 

IMG_6021バンタンという果物やお菓子を高く積み上げた豪華なお供え物を運ぶ女性たち。
100人以上は運んでいたと思います。
途切れることなく、どんどんお寺に入ってきます。

IMG_6035道路はさぞかし渋滞だったはず。
しかし、ずっと歩いてきた訳だし、重いだろうな・・。

 

IMG_6054最後に男性で編成されたバリ音楽隊。
オゴオゴと同じように大迫力。
ずっと聴いていたい音色です。

 

IMG_6056大音量に圧倒されます。
でも、心地よくて店主は大好き。

なんだかほっとしました。
何なんでしょう、この清々しさは?
これからも安全にダイビングツアーが行なえますように・・・。