ジャカルタより鉄人K氏のアドバンス講習です。
今更、なぜ?という感じですが・・・大昔にダイビングを始めたそうでいろいろ諸事情があるようです。
そして、相棒Y氏は、まさかのキャンセル。
体調不良すぎて、昨日ジャカルタを発つことができなかったのです。
航空券・ホテル・ダイビングが全部キャンセル・・・・ホント気の毒です。
昨日も出発を悩んで、ギリギリまで病院で検査したそうですが、病名がはっきりせず。
もう一週間の高熱(今朝も39.5度)ってことは、チフスかなぁぁぁとバリ側では話しています。
デング熱よりチフスの方がきついだろうなぁぁぁ。
このダイビング漬け3日間の日程は、ダイビングが楽しくなってきたY氏がかなり前から予約されていた企画。
本当に残念ですが、今回は仕方ありません。
また時間見つけて講習にチャレンジしてください。

ってことで、店主的に納得いかない鉄人の講習スタート。

本日のパダンバイ濁っています。
緑色ですが、穏やか。
水温は、27℃~28℃。

1本目、納得いかないPPB(中性浮力)→完璧
2本目、必須のディープ→ちょっと窒素酔いの影響経験
3本目、必須ナビゲーション→まさかの直線往復がやり直し。
原因は、なんと磁場がおかしかった!!コンパスがくるう。ブルーラグーンの浅めのほんの一部。
これ、知らなかった・・。
それ以外は、全く問題なく3ダイブ終了。
残っている時間は、水中ツアー。

IMG_1239探していたら、鉄人が見つけてくれたー。
まだいたっ!

 

IMG_1243クモウツボが逃げません。

 

IMG_1246今更、ホバリング練習。
病欠のY氏にやらせたかった。

 

 

IMG_1253バリダムゼルとも呼ばれているオレンジダムゼル幼魚

 

IMG_1264クマドリカエルアンコウが目立つところに。

 

IMG_1273セグロリュウグウウミウシ、お休み中。

 

 

 

そして、足早にパダンバイを去ります。
急遽、ある村へ寄り道。
本日の船頭さんのお宅拝見。
この船頭ワヤンさん、かーなーりー面白いんです。
ボート上でも、その存在が笑える。
水面休憩中に、『最近、日本人観光客はココナツオイルを探しているんだよ。日本で人気なんだよ』
なんて話から、『母親が毎日ココナツオイルを作っているから、家に来い』と言われ、即決。すぐ行くことに。
店主もゲストからココナツオイルのことを聞かれても、きちんと答えられずにいたので勉強を兼ねてお邪魔しちゃいました。
ただの社交辞令だったかもしれないけど・・空気読めないニホンジンですみません。

 

 

IMG_1277すぐ近くと言っていたのに、全然近くなかった・・・。
ゴアラワ近くで、海側に入ったところ。
途中で車は入れず、下りてこういう道を歩きます。
昔のサヌールも、道はこんな森の小道風だったそうです(運転手談)。

 

 

こんなところに村があるのか?ってところに小さな集落がありました。
お客さんとして扱われ、バリコーヒーだの、自家製ポップコーンなど出されて恐縮。
家族がめちゃめちゃ多くて、全員紹介されましたが誰が誰だか一切覚えていません。

 

IMG_1285土地がない彼らは、毎日ココナツを25個買って、ココナツオイルを作っているそうです。
バリ島伝統の製法・・・ココナツを削って、煮て、絞って、また煮る。
昔と違って、削る作業が機械になったのでだいぶ楽になったとか。

コールド製法ではありませんが、ケミカルものは一切使われてないのでオーガニック。
1本頂きました!
日本に持って帰ろうと思います。

なぜ、黄色かというと、ウコン(kunyit, ターメリック)を混ぜたそうです。
色をつけた方が、バリ人には売れるんだそうです。

体にいいウコン大好きなので店主は嬉しい。
香りはほんのりココナツ。
こういうのを見ると、現地スーパーで売っている普通の油は使えなくなります(パームだし)。

IMG_1283ココナツオイル製造過程で出る副産物②
ココナツを削って1回目に煮た後に絞ったカス。
これは、豚の餌になるそうです。
食べてみましたが、本当に出涸らしでぱっさぱさっ。

IMG_1282ココナツオイル製造過程で出る副産物②
聞き間違いでなければ、クリンギスと言うそうです。
絞った後、もう一度ココナツ液体を煮て、オイルと分離した固形物。
きめ細やかなおからみたいで、なんかおいしい。
そう、どっかで食べてるなーと思い返すと、ペペス(葉に包まれた魚)につなぎで入っているやつ。
バリ人で、これを嫌いな人はいないそうで、みんなにおいしさ・食べ方を力説されました。
デンパサールなど、町の人でココナツオイルを作っている人はいないので、このクリンギスも見つけるのは大変だとか。
これもくれると言っていましたが、みんなの好物のようだったので断りました(本当は欲しかった)。
この栄養素が知りたい!

 

 

IMG_1291ワヤンと子豚たち。
すごく甘えてくるし人懐っこい!

 

 

IMG_1296このサイズで成長が止まるならペットとして飼いたい(現在60キロ)!
かわいすぎて、とけそうーーーーー。
と、同時にいつも罪悪感の店主。
ごめんね。

 

 

IMG_1311記念撮影!
伝統製法で作られているバリの天然塩(ゴアラワ周辺の塩)も5袋ゲット。
これ全部、日本へのお土産になります。
ありがとうございました。
田舎の人たちは温かいな。

大都会在住の鉄人もお付き合いくださりありがとうございました。
3ダイブの後に、うるるん滞在記。