長いことインドネシアに住んでいますが、初めて行ってきましたブライダルサロン。
店主の妹が、ここサヌールでプチ挙式を行うためです。

すべて一任された店主ですが、あと残された任務は、ウェディングドレスをどうするか。

これだけ。それで全部終了。

インドネシアといえど、意外とレンタル代が高いので、買ったほうがいいという話もちらほら。

いろいろ相場を調べて、デンパサールの大手ブライダルサロンへ行ってきました。
日本人経営のウェディング会社だと、ドレス&タキシードのレンタルで1500ドルという話。

この円安にはきついでしょ。

 

 

__ 1うわーーーーーー、想像していたよりたくさんドレスが並んでる。
すごいすごい。これは何かありそう。
売り物は別のところにある倉庫にあるんだとか。
レンタルドレスもお値段はピンきり。
予算に見合い、且つシンプルエレガントものを探します。

 

で、かわいいらしい、妹の雰囲気に合うドレスが見つかったので、料金交渉をして結局レンタルに決めました。
まけてもらっているのに、あれ付けて、これ付けてと最後までうるさい店主でした。
ってか、意外と簡単に値段が下がり、拍子抜け。
ありがたかったです。
印象としては、かなり儲かっているビジネスに見えました。
だって、ドレスを吟味している間にも、チャイニーズカップルがひっきりなしに来ていたので。
がんがんお金使いそうな人たちが・・。

ブライダルサロンの看板に『ワンストップ』と書いてありました。
本当に全てが簡単すぎて、しかも品揃え豊富。
さすがだな・・・感心しましたです。