今日もトランベン、張り切っていきましょう。

今日のゲストは、大阪よりお越しのO氏、ジャカルタよりお越しのA一家です。
A氏がジャカルタ単身赴任中で、ご家族が日本から夏休みでやってきてくださったのです。

兄R君は19歳で大学2年生、弟N君は14歳中2。

スポーツ好きの兄弟なので体験ダイビングは大丈夫そう。

 

O氏は日本でも潜っているようで、そのままファンダイブへ。

ラッキーなことにマンツーマンで行ってらっしゃい。

 

A一家は、お父さんO氏がダイバーであるものの、家族の体験に付き添いたいとのことで4名でエントリー。

陸上の講習も順調に進みます。

 

本日のトランベンは、若干波があったもののまだ小さい方。

透明度は入ってしまえば、15mぐらい。

流れもなく穏やか。

ただ、水温が26℃といつもより低めでした。

 

母T子さんと3mぐらいまで入ることができましたが、結局ギブ宣言。

呼吸もできているのですが、吸えない感じがぬぐえずリタイア。

小さな頃に水に対する怖い経験があり、怖かったと後から教えてくださいました。
トラウマがある方は、やはりダイビングは難しいかもしれません。

そして、中2のR君は耳抜きで苦戦。

兄R君は簡単にエントリーでした。

お父さんA氏もぴったり付いてきます。

ウミガメも見ることができました。

IMG_09492本目へGOです。

 

 

IMG_095019歳兄は上手ですね。
大学で法律を勉強しています。

 

 

IMG_0958父・弟・兄で記念撮影。!!

 

 

IMG_09702本目も耳抜きに苦戦した弟R君は、耳が抜ける深度でダイビング。

 

 

IMG_0975ファンダイブ組とも途中で遭遇。
O氏、潜ってますね。

 

IMG_0980ヘラヤガラの求愛

 

 

IMG_0984またストーカーしてるコバンザメ

 

 

IMG_0985O氏、沈船を楽しんでいます。

 

IMG_0994R君、浅くてもみんなに付いてきています。

 

 

IMG_0997O氏も魚影が濃くて驚く沈船でした。

 

順調だったので14:30に終了し、トランベンを出発する予定でしたが、『待った』の連絡アリ。
道路が封鎖されてて、出られないと・・。

17時前にはサヌール到着できたはずでした。

レストランで30分以上待たされるはめに。

なぜなら

IMG_1005昨日&今日と『独立記念行進コンテスト』

8月17日はインドネシア独立記念日なのです。

毎年恒例行事なんですね。
やっと片道空いたので、通ることができました。

 

 

IMG_1008トランベンの道沿いには観客がたくさん座りこんでいます。

人間ウォッチングが面白い車窓。

 

トランベンを抜けたら順調に走り出しましたが、またゴアラワ辺りでものすごい渋滞。

めちゃめちゃ行進コンテスト中。

いろんなチームが、いろんなコスチュームで、いろんな歩き方、いろんなかけ声で片道を完全に封鎖。

45キロ歩くらしく、途中で倒れる子供たちも続出。

チーム同士、渋滞の車同士でも喧嘩になりそうになったり。

人間ドラマがたくさん見られました。

 

IMG_1030道沿いで行進を見る女性たち。

 

IMG_1034もうぐっちゃぐちゃで進まないぜーーーー。

 

 

IMG_1038でも、みんな楽しそう。

 

 

IMG_1041木に登って行進を見る子供たち。

 

IMG_1043店主ら南下組はよしとして、対向車の北上する皆様方は、果てしなく遠い目的地となることでしょう。

かわいそうに。
何キロも渋滞していました。

 

 

IMG_1044でも、何だかお祭り騒ぎで楽しそうな人たちが大半だから、いいかっ。
インドネシア、あさって69回目の誕生日です。
若い。

3時間かかって、サヌール到着。
ゲストの皆様、お疲れ様でした。
今日も朝からありがとうございました。