ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

愛知・岐阜よりお越しのY子さん&S子さんをヌサペニダへご案内しました。

明日はニュピラウト(ヌサペニダのニュピ)のため、ヌサペニダ方面でのダイビングができないせいかたくさん人が集まっている。
中華系ダイバー数の多さに驚きます。
時代は完全に変わりました。

ヌサペニダの海況GOOD
波なし、うねりなし、流れ3本目ちょっと、透明度10m~25m、水温22℃~27℃

1本目、エントリー直後にマンボウがこっちの方にやってきた。

何も準備できていない・・・。

 

今日もマンボウ狙いでものすごい数のダイバーたち。

 

ベテランダイバーY子さんとビギナーS子さん。
高校の同級生なんだとか。
S子さん、本数の割りに中性浮力が安定していました。

 

水中は元気なS子さんですが、波酔いには弱かった・・・。

 

お二人ともモルディブや石垣に行ったことがあるので、マンタは初めてではありません。
バリ島のマンタもいいでしょ?

 

最初から最後まで終始いてくれたので、良かったです。
ただ、水温が22℃だったため、潜水時間は32分で終了。

 

食べて温まって、3本目はまたマンボウ探し。
今日のヌサペニダ、波なしで穏やかなんですが・・・
S子さんは、酔いがひどくなり3本目は欠席。
普段、船に乗って釣りをしているというY子さんは全く平気。

前半がアゲンストで流れがありましたが、まだ進めるほど。
ベテランY子さんとマンボウを探しましたが、不在でした。

後半は流れも止まり穏やかに。
最後は、浅瀬のきれいな根で遊びます。

 

カメラとGOプロと余裕のY子さん。

 

寒くないし最高。

 

芸能人に似てるんですー。

 

さくさくっと3ダイブ終了。
お疲れ様でした。

 

サヌールのビーチに到着すると、干潮・・・。
かなり歩きました。
潮が引いたところで、フォトウェディングかな?
フラミンゴがいるので、絶対日本人ではないですね。
ってか、なぜフラミンゴがいるのでしょうか?

 

ボートを降りた瞬間、元気になったS子さん。
砂紋と記念撮影。砂漠みたいですね。
今日は、ありがとうございました!!

そして、昨日に引き続き、ダイビング2日目のO氏とEさん夫妻は・・。

トランベンでがっつり3ダイブ。
いい笑顔です。海況も良かったそうですよ。
2日間、ありがとうございました。

 

 

パダンバイ ファンダイブ

0

本日は埼玉よりお越しのO氏とEさんご夫妻。
はじめましてー。

パダンバイの海況、ずっといいですね。
波なし、流れ2本目、透明度15m~20m、水温26℃~28℃は余裕!
まだビギナーのお二人なので、ブリーフィングを念入りにしてゆっくり行きます。

最初は大きなナポレオン、そして、ウミガメ、ウミガメ、ウミガメでした。

 

ブルースポットスティングレイ

 

前半でだいぶ慣れて余裕が出てきたので、珊瑚の上へお連れしました。
コショウダイやら、アカヒメジやらデバスズメダイなど天国。

 

タテジマキンチャクダイの幼魚。
ウミウシやタコも観察。
サザナミヤッコの幼魚もちらほら、同じサイズ。

2本目、カメラは奥様Eさんへ。
チンアナゴを撮っているようです。

キリンミノやホバリング中のハナミノカサゴもいました。

 

ハダカハオコゼ
その前には、Eさんがツマジロオコゼを見つけてくれました。

 

セジロクマノミ・・・今日は結構イソギンチャクが丸まっている日でした。
コブシメの墨の掛け合い、ハタタテハゼ、クロユリハゼ、ミヤケテグリなどを観察。
ドロップオフでエキジットしたかったのですが、一部流れがあり進むことを断念。

 

ランチを食べて、3本目!!
お二人とも元気。

 

このイソギンチャク、色がきれいですねー。

 

絵になるウツボ

 

沈船

 

コブシメ

 

安全停止で魚まみれになります。

 

美しくマナーよくダイビング。
見ていても安定感が出てきたO氏とEさん。
お疲れ様でした!

今日はありがとうございました。
海況も天気もよくて、最高の一日でした。

 

 

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

おとといパダンバイで一緒に潜ったW氏をヌサペニダへご案内しました。
相変わらず美肌で羨ましい限り。

本日のヌサペニダ海況よし。
波なし、流れほとんど当たらず、透明度8m~20m、水温20℃~
ほとんど24℃~25℃で温かく感じる一日でした。

 

イソマグロか?クロマグロか?ちょっと遠いですが2匹。

 

ツノダシの群れ~

 

 

魚影が濃い!

 

オオセ(ウベゴンシャーク)みっけ。

 

独占だったので、美肌W氏とパチリ。

 

マンボウが上がってきました。
1匹は、突然、急浮上で水面ジャンプ。はやっ。
1匹は、下から上がって来ました。
美肌W氏、良かったですね!
そこにいたので、もっと観察できたのですが・・・美肌W氏のエアが少なく、泣く泣く浮上。
ウミヘビもいましたね。

ボート上では酔ってしまう美肌W氏ですが、水中は元気!

 

ハダカハオコゼ(ピンクちゃん)、しがみついています。

 

2本目も同じところに入りましたが、マンボウの気配なし。
浅瀬で魚観察。

 

3本目、マンタポイントは、エントリーした直後にマンタが3枚連結で来た来た~。
カメラがまだ準備できてない・・・・・苦笑
これ先頭の普通のマンタ。
2匹目は撮れず。

 

 

一番後ろはブラックマンタでした。
美肌W氏、ラッキーです。

マンボウも見に行きましたが、不在。
クロヒラアジの群れなどもいましたが、透明度が悪かったです。
緑色で濁っています。

W氏、ありがとうございました!!
さくさくっと6ダイブでしたね。

今日はもう一箇所:トランベン
昨日、トランベンでご一緒させて頂いたシンガポール在住のIさんとJ氏。
昨夜はトランベンに泊まって、今日も2ダイブ。
早起きが苦手なJ氏に合わせて、のんびり朝10時スタートのダイビング。
引き続き海況も良く、J氏もIさんも楽しまれたようです。
2日間、ありがとうございました。

ファンダイブ トランベン

0

本日のゲストは、シンガポールよりお越しのIさんとJ氏。
6月にブルパラをご利用頂き、まだ9月なので早いリピートです。
ありがとうございます。
前回、行けなかったトランベンでのダイビングです。

本日の海況、抜群。
天気よし、波なし、流れなし、透明度15m~18m、水温28℃。
穏やか最高!

カンムリブダイとパチリ

 

リバティ号内に群れ群れ。

安全停止に入ります。
浮かないように。
J氏はこれがログ10本目、Iさんは伊豆で鍛えたベテランダイバーです。
終始、さりげなくアシストをするIさん。
いいバディです。

 

2本目行きます。
J氏、大きくて優しいアメリカ人。
ローカルフードも全く平気なんだそうです。
Iさんは日本人ですが、美しい英語をペラペラ話します。
うらやましい~。

 

 

2本目、J氏に余裕が見えました。
大きいのにエア持ち良いです。

 

ウミガメはダイバーたちに追いかけられ、深場へ逃げていました。
強烈すぎるライトをウミガメの顔に当てるのは止めた方がいいですね・・。

 

ヒオドシベラの幼魚1cmほど!!
これはときめきました(店主が)。

 

J氏、11本目でこの安定度!
今後が楽しみです。

 

ベテランダイバーIさんは生物観察派。
コショウダイの大きさに驚いていました。

 

昨日のパダンバイに続き、ここでも同じく逃げないタコ一人。
産卵なのかな・・・?
孵化待ちなのかな??
だとすると、この後、この子は死ぬんですね。
タコの人生、せつない。

がっつり2ダイブを楽しみました。
お疲れ様です。

 

J氏とIさんは、昨日からトランベン泊中なので、運転手と店主だけでサヌールへ帰ります。
Bugbug村辺りから、あちこちが渋滞。
結局、サヌールまで3時間かかってしまいました。

バリ人はここ数日祭事続きで大忙しいようです。

Iさん、J氏、今日はありがとうございました。
シンガポールより和食土産(?)もありがとうございます。
さすが、シンガポール!何でもありますね。

ファンダイブ パダンバイ

0

朝から冷汗事件が勃発。
悪い時は悪いことが重なるものです・・。
異国でお仕事をするということは、日本とは違うストレスがかかります。
は~っ。
気持ちを切り替えよっと!

本日は、皆様をパダンバイへご案内しました。
東京よりお越しのA氏とSさん、はじめまして。
そして、一年前に奥様といらっしゃったW氏が嬉しいことにリピート。
今回はお一人様参加。
そしてそして、先日ヌサペニダを一緒に潜ったベテランK女史。

パダンバイの海況。
波少し、流れちょっと、透明度12m~15m、水温26℃~28℃
昨日より透明度落ちています。

店主は、リピーター組を担当させて頂きました。

1本目、ビアストゥゲルのさんご礁へ。
K女史が好きなアヤコショウダイがたくさん。

 

 

アカヒメジも群れ群れ。

タイワンカマスの群れやウミガメもいました。

 

ツノハタタテダイと美肌W氏。

 

2本目、ブルーラグーンからドロップオフへ。
バディの息もあってきましたね。

 

メガネウオだーーーーーー!!と思って近づいて行くと違いました。苦笑
大きなソデカラッパ(カニ)でした。
砂に潜るところを観察できたので良しとします。
この後、完全に消えました。

 

ハダカハオコゼ
ここでは、モンハナシャコやミヤケテグリも観察。

 

Large spotted snake eel

 

まるで交接中のように立ったままで荒い呼吸のタコ。
全く逃げず、一匹だけ。
この行動は何でしょう??

 

ヘリゴイシウツボ

 

立派なハナヒゲウツボがのびのび~。

最後は、サメ(ネムリブカ)が通ってゆきました。

誰も酔うことなく、ランチを完食。
元気に3本目です。
今日は、3本目のジェプンが一番きれいでした。

 

A氏とSさん組、小さな沈船へ。
お二人とも上手に潜っていますね。
A氏はGOプロ持参できれいに撮れたようです。

 

珍しくアイゴの群れ。

 

K女史は、久々のバリ島ラストダイブを堪能中。

 

キンセンフエダイの群れ。

 

 

またウミガメちゃん(タイマイ)。

 

すぐ違うウミガメちゃんがやってきました(アオウミガメ)。

フグ好きのK女史は大喜びのパダンバイでした。
美肌W氏、3ダイブでエア持ちが良くなり、かなり安定。
皆様お疲れ様でした。
今日はありがとうございました。
お話が楽しかった~。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ+ベビーシッター

0

ダイビング前にホテルに寄って朝食。
あぁ・・・贅沢。

 

バリ島入りできなかったO氏より頂いた最後ホテル朝食。
パンケーキ最高!!

今日は順調に『キャンセルもなく』出発です。
本日のゲストは、福岡よりお越しのO氏&S子さん夫妻+お子様Tちゃん。
昨日、初ファンダイブを満喫した横浜Sさん。
そして、昨日病気でキャンセルになったO氏&SC子さんが急遽参加表明。
SC子さん、あまり無理しないでくださいね。

Tちゃんは、ビーチでベビーシッターと遊びます。
2歳8ヶ月なので、やはりパパとママがボートで出発する時は少し泣きました・・・。
パダンバイは、陸と連絡がとりあえるので大丈夫。

本日のパダンバイ、海況抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温28℃
天気もよく、テンション上がります。

店主は体験ダイビングのSC子さんとO氏を担当させて頂きました。
石垣で体験の経験があるので、最初から余裕でバックロールエントリーで大丈夫でした。

 

クリーニング中のウツボや移動中のウツボを見ました。
出てくると大迫力。

 

運動神経もよいお二人。終始落ち着いているー。

 

小さなウミガメを至近距離で観察。

 

ファンダイブ組がやってきました~。

 

アカヒメジやチョウハンの群れ。
ハコフグやカサゴなども観察できました。

 

 

2本目、SC子さんが酔い気味だったので、お休みすることに。
病み上がりですし、無理しないでください。
ということで、店主はO氏の体験ダイビング。

久しぶりに会えたウミテング。

 

小さなヤッコエイと大きなミナミウシノシタがつるんでいました。

 

ガンガゼのところにミヤケテグリ。
体験のO氏もしっかり観察。

 

テンス増えています。

 

モンツキアカヒメジの群れ。

 

またウミガメ!
O氏と見つめあっている。
これだけ潜れるのですから、O氏もSC子さんも、ダイバーになってください。

 

この子は4-5分、一緒に泳ぐことができました。

ラッキーなことに水深5mをゆっくり泳ぐウミガメちゃん。
ファンダイブ組の皆さんがいる方へ向かって行った!

 

 

キラキラ砂浜記念

 

出発の時は泣いていたTちゃん、すっかりバリ人おやじ達に混じってなじんでいる~。笑

 

Tちゃん、ただいま~。
かわいい・・・この笑顔!!!

ベビーシッターによると、最初は泣いたそうですが、抱っこしたらすぐに寝てしまったそうです。
レストランで昼寝中かと思ったら、ここで皆さんに囲まれながら寝ていたようです。
お腹が空いたので、お菓子ぽりぽり。
子供は順応が早いですね。
将来が楽しみな2歳8ヶ月のTちゃん。

 

 

Tちゃん、みんなの人気者。
皆さん、今日はありがとうございました。

 

 

トランベン ファンダイブ

0

運転手がヌサドゥアのホテルに到着しそうな頃、ゲストより電話が・・・。
病欠連絡・・。
今日も???・・・・もう笑うしかありません。
(その後、回復したと連絡いただきました!)

そんなわけで、急遽、神奈川よりお越しのSさんとマンツーマンダイブ。
ばたばたしてしまいましたが、ポイントは変更せずファンダイブへ行ってきました。

本日のトランベン、海況よし。
波なし、流れなし、透明度15m、水温27℃
Sさんは、初めてのファンダイブだそうで少しドキドキ。
マンツーマンですしのんびり行きましょう。

カザリキンチャクフグのペア

 

 

ヘラヤガラの幼魚

 

リバティ号のクマノミ。この辺もそろそろ崩れそう・・・そしたらこの子たちはどうなるのでしょう。

 

チョウチョウコショウダイの青年。
すくすく育っています。
そろそろ巣立ちかな。

 

2本目のSさん、だいぶ中性浮力のコツがつかめてきました!

 

フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚たち

 

コバンザメが・・・

 

また違うコバンザメが・・・

沈船の中に群れます。

 

がっつり潜ってこの笑顔。
だいぶ生物観察の余裕でてきましたね!
Sさんの記念すべき初ファンダイブ、無事終了。

今日はいろいろなお話も聞かせて頂き、陸も水中も楽しかったです。
ありがとうございました!

 

 

ヌサペニダ ファンダイブ

0

関空より飛べなかったゲスト様のおかげで、今朝もホテルの朝食ゲット。感謝。
ですが、今日は早すぎて全然食べれない・・。
今日は運転手を誘って行ったのですが、やはり彼は『朝からナシゴレン』でした。

このパンケーキいいなぁ。

まだキャンセルの影響があって、今日は結局お一人様になってしまいました。
ですが、久々のK女史がやってきました!!
元スラウェシ島在住のKさん、4年ぶりに一緒に潜ります。
カポポも一緒に行きましたね~、なつかしい。

干潮気味だったので、また出発が大幅に遅れました。
っが、Kさんはそんなことお構いなし(慣れっこ)。
昔話に花が咲きまくり~。

本日のヌサペニダ、この前より海況よし。
イレギュラーですが、1本目PED。
透明度もよく、暖かい。
軽いドリフトダイビングスタート。

入った直後にウミガメでした。
珊瑚がすばらしいの。

 

身を委ねて流れに乗っていくだけ。

 

Kさん、ログ本数は軽く三桁。ベテランです。

 

1本目からウミガメ、何匹見ただろう・・・。

 

マンタポイントはちょっと冷たく23℃。
透明度は10mぐらいで、先日より上がっている気がしますが、水底の砂かぶりはすごかったな。

 

ボート上のダイバーたちがぶるぶる震え上がっていましたが、Kさんは割りと平気。
更に、全然酔わない。ランチ完食。
たくましい。

 

3本目、やっと流れが止まったクリスタルベイ。
一瞬、このように流れがありましたが、すぐに止みました。
水温24℃で少し暖かく感じます。

 

ここもウミガメだらけ。

 

立派なサイズのオニカサゴ。

 

先日の高波に耐えたテーブル珊瑚。
クリーニングステーション大繁盛です。

 

以前、マンボウを見ているKさん。
今日は残念でした。目撃情報もなしの一日。
お疲れ様でした。
今日は、ありがとうございました。
話しても話しても、話が尽きないー。
また後日!!

 

 

ホテルで朝食

0

関空より飛べなかったリピーターあり。自然災害は仕方ありません。
そして、ミスコミュニケーションのゲストあり・・・人間って不思議。
そんなんで、急遽、昨日と今日は完全ノーゲスト。
出発2日前に欠航決定を告げられ、リピーター様はほんとお気の毒です。
だって、直前すぎてホテル5泊分はキャンセルできないし。

『キャンセルできないので、5泊分、使ってください』と店主にくださいました。
わーい、ありがとうございます。
サヌールの近所なので、お部屋は使いませんが、朝食は興味ある!
早速、在住友達を誘って行ってきました。

 

昨日はこれを二皿。
完全ブランチ状態でした。

 

 

今朝はこんな感じ。
やはり、基本のものは変わらずですが、宿泊客が飽きないようにメニューは少しずつ変えているようでした。

 

本日の2皿目。
パンケーキやヨーグルトも。
パンケーキにメープルシロップとシナモンシュガーをかけてみました。
コーヒーにぴったり。
もちろん、南国フルーツもいっぱいありますが、普段食べられるものは選ばずでした・・笑

これ、サヌールのオアシスラグーンです。
ホテルの朝食は通常7:00からが多く、早朝発のダイバー客はほとんどゆっくり朝食をとれません。
オアシスは、6:30OPENなので温かい朝食をとれるところがポイント高いです。
客層ですが、アジア系は少なく、団体客もほぼなし。
8~9割が西洋人。

送迎ではよく行きますが、朝食を頂くのは初めて。
のんびり贅沢な時間を過ごすことができました。
O氏、ありがとうございます。
明日は出動前に、運転手と朝ごはんになりそうです。

ヌサペニダ&ファンダイブ、パダンバイ&体験ダイビング

0

サヌールのビーチ集合。
皆様、おはようございます。

静岡よりお越しのK氏、そして神奈川よりお越しのS氏とYさんご夫妻。
皆様、はじめまして。
S氏とYさんは、体験ダイビングのため日本語体験講習をさせて頂きお見送り。
パダンバイGO。行ってらっしゃーい。

店主はK氏とヌサペニダ3ダイブです。
ふふふーっ、今日は楽しみです。
だって、K氏はダイブマスターのベテランダイバー(仕事にしていませんが)。

干潮だったため予定より1時間ほど遅れて出発。

1本目、クリスタルベイ
波少し、流れあり、透明度20m~、水温22℃

ウミガメちゃん、今日もいっぱい。

 

最初は穏やかだったのですが、ちょうどマンボウ探しに深場へと思っているところで、突然強烈な流れがスタート。
これ水深18mで鯉のぼり中です。
ちょうどマンボウが上がってきてもいい感じだったので、このまま待って良いところ。
10分ぐらいで激流も止むだろうと予測しつつ・・。
他のチーム(1女性ガイド+2西洋人ダイバー)が塊のままだーーーっと流されて来たのですが、なんとK氏が一人を引き寄せ岩につかまらせました。
さすが、ダイブマスター!
なので後ろを振り返ると、4人が張り付いている状態。笑
店主は、西洋人のエアが気になっていました。
落ち着けサイン出したり・・・お節介かな??

 

流れに耐えられず店主に近づいてきたオニカサゴ。
K氏も鯉のぼりながらも、楽しそうに写真を撮っているし。

 

15分ぐらいで激流はおさまり、動けるくらいになったので浅瀬へ移動。
浅瀬はうねり~
安全停止で無事終了。
1年ぶりのダイビング、一発目がこれ。
意外や意外、K氏は鯉のぼりが楽しかったそうで目が輝いている!
ああいう流れは初めてだったそうです。

2本目、マンタポイント
波あり、流れ少し、うねり大、透明度5-8m、水温24℃

最初にマンボウ探しに行ったのですが、マンタがいっぱい。
今日は深場も白濁り(冷汗)・・・マンタ見えた。

 

K氏にとって、人生初のマンタ様たち。
透明度はいまいちでしたが、たくさん。

 

3枚来た~。

 

かっこいい戦闘機ですね。

 

こっちからも来た~。
K氏は上手に寄れるので、いい写真を撮っていました。
エキジットすると、さらにキラキラスマイル。
どんどんエネルギー充電されていくK氏。
お腹も満たしてGO。

3本目、PED
波なし、流れ中程度、透明度8m~20m(浅瀬は真っ白)、水温26℃

ドリフトダイビングスタート

 

お魚まみれ

 

さんご礁の上を快適にドリフト

 

わーーーーい

 

 

ひゃーーー

 

流れに乗って景色がどんどん変わります。

 

ウミガメちゃんとK氏。

安全停止を終えエキジットしようとすると、立派なウミヘビ・・・・

うわー、マダラトビエイ!
着底しているのが珍しい。
何食べてる?
K氏は、最後の最後にオニカマスも見たそうな。
3本目終わると、K氏は更に輝き。
本当に海が好きなようです。

パダンバイ組は??

Yさん、K氏も上手に初めての体験ダイビングを無事に終えたそうです。
パダンバイ、水温25℃。
水中写真はいかがでしたか?

皆様、今日はありがとうございました!!
今日も素敵なゲストたちでした。

ページのトップへ