アメッド ファンダイブ

0

東京よりお越しのHさん、はじめまして。
パダンバイの予定でしたが、透明度がいまいちとの情報があり、急遽アメッドへ。
渋滞もなくスムーズに久々のアメッド。

ささっと準備して、ささっとエントリー。
本日のアメッド、こちらも透明顔悪かった~~。
波なし、流れなし、透明度8m、水温28℃
深いところは緑色・・・浅いところが少し青。

イレズミウミヘビ

近くにチンアナゴや妊娠ヤッコエイもいました。

 

 

ハタタテハゼはあちこち

 

キンセンフエダイやグルクマの群れがいても写真は撮れず。

 

クロハコフグと目があった。
この他に、ミナミハコフグ、コクテンフグ、ネズミフグ、ハリセンボン、シマキンチャクフグ、キタマクラなども観察。

 

ウェイト1キロ減らして、生物観察の余裕が出てきたHさん。

 

ミドリリュウグウウミウシ、のーびのび。

 

アオミノウミウシの仲間。
極小キカモヨウウミウシなどもいましたね。

 

クマノミ・・・Hさんはサイズに驚き。

 

地味に人気があるコガネキュウセン。
青いのは、ゴールドベリーダムゼル。
バリでは、うじゃうじゃいます。

 

アメッド・ピンクの森が・・・
今日は脳に焼き付けます。
ヒメツバメウオの群れを探しましたが見つからず・・。
濁りがあったので見逃したのかと思い、戻りましたが、いつもの場所にいない。
あ~残念。
ですが、Hさん、魚影の濃さは分かって頂けました。
そんなんで、まったりロングダイブ。

 


車窓:バリ島の田舎

帰りも寝てたら、あっという間にサヌール着でした。
Hさん、今日はありがとうございました。

パダンバイ ファンダイブ

0

1ヵ月半ぶりの早いリピート、U氏です。
そろそろジャカルタ駐在になりそうな・・。
本日はパダンバイへ。

1本目、なんと水温30℃。
透明度は一部若干白く濁り気味で12mほど。

この辺はクリスマスツリーワームが目立ちます。

 

同僚M氏は、ホテルでお休みです。

珊瑚もりもり

 

ヘコアユ

 

タイワンカマスの群れ

 

エキジットしても暑い暑い・・・。
先月の沖縄が、雨で最悪寒いダイビングだったようで、これだけで大喜びのU氏でした。

 

2本目は、沈船、仏像、潜水艦目的でジェプンへ。
こちらも水温30℃・・・店主は本日、5mmウェットだったため暑すぎ。
こんなこと滅多にありません。

 

今日はあちこちにコブシメが・・。
これはらぶらぶ中です。

 

太りすぎのシンデレラウミウシ。
産卵かな~。

 

目的の人工物を全部見た後、アカヒメジとキンセンフエダイの根へ。

 

もううじゃうじゃです。

 

 

魚に愛情が湧かないと言っていたU氏ですが、1本目から魚影の濃さに驚いておられました。
よかった!

 

本日のランチはナシゴレン。
デザートは、ランブータンとマルキッサ。
U氏にとっては、人生初のフルーツなので食べ方を伝授。
インドネシアはこれからフルーツがおいしい季節に入ります。

 

ヨウジウオの幼魚?
細すぎて生きている感が少ない・・・かわいいよー。
近くにもう1匹いました。

 

3本目ドロップオフはかなり濁っていたため必然的にマクロに。水温27℃。→店主に適温!
(U氏にウォールを見せたかったのですが・・)
全開のミヤケテグリ、たくさんいます。
グルクマの群れもかろうじて見えました。

 

スジイシモチにアルマジロが寄生しています。

寄生虫ウオノエの仲間で気持ち悪いですね~。
ダイレクトに体液を吸うそうです。
絶対に離れないでしょうから、お気の毒・・・。

安定し始めているU氏、しかもこの水温、太陽ぎらぎらなので今日はのんびりロングダイブ。
水中の方が気持ちいい
やはり海はいいな~。
U氏、今日はありがとうございました。

 

ただいま

0

昨夜、札幌より戻りました。
バリ島は、着いた瞬間、やはり暑い。
今、一番暑い時期なので覚悟はしていましたが。
でも、札幌の2℃より、バリ島の32℃の方が快適です。

 

近所の神社へ、無事帰国の挨拶。
おみくじは、いまいちでした。

北海道では、いつも通り食べます。

家庭料理、らむしゃぶ

 

小樽では、しゃこ。
でも、これはグロすぎて、店主としたことが食べられませんでした。
ひっくり返すと足がたくさん。

 

 

定番のニシン(子持ち)

 

 

ススキノでは、お刺身盛り合わせ。

 

 

 

調理長より差し入れ
ロースとビーフ、鶏のたたき、いくら、キャビア、数の子
贅沢すぎないか~。

 

同級生が切り盛りするミュージックバー「Folkie」
ここの店主A氏、面白すぎ。

今回、母の古希祝いを密かに計画していましたが、温泉旅行はすべて却下。
あ~、予約してなくて良かった。
小さな贈り物と小さなお食事会で終わりました。
あまり大げさなことを嫌う母です。苦笑

 

健康診断で病院へ。
完全な結果は出ていませんが、血液データなどぱっと見だと「全く問題なし」とドクターよりお言葉いただきました。
良かった!!
インドネシア在住ならコレステロールが高くなりそうなもんですが・・。

乳がん検診と子宮がん検診も受けてきました。
人生初の子宮がん検診。
子宮がん検診をこの年までやってこなかったことに、ドクターは驚かれていました。

せっかくだから、初のアレルギー検査も受けてみました。
自分が何のアレルギーを持つのか全て調べてくれるのかと思いきや、選ばないといけないんですね・・。
しかも選んだ分だけ、料金が高くなるという。
せっかくなので、一覧表の中から気になる5つを選びました。
猫、馬、ニワトリ、ハウスダスト、ホタテ
猫、馬、ハウスダストで若干反応がありましたが、ドクター曰く大した数値じゃないそうです。

 

去年と同様、飛行機はエアアジア。
デンパサール→クアラルンプール→新千歳
往復で約53,000円。
店主は、行き20キロ、帰り30キロの荷物を付けたのでプラス1万円ほど。
行きも帰りも、乗客で日本人は店主だけ。
日本に行くのにすごい路線です。

 

 

飛行機さん、無事飛んでくれてありがとう。
今回は、揺れる度に冷や冷やしました。

 

急遽、11月15日から12日に発売が早まった噂のこれ。
早まったお陰で搭乗12時間前にぎりぎりゲッツ。
紀伊国屋の近所で良かった。
帰りの機内で「鎌倉幕府」まで読めました。
エアアジアは機内がうるさいので、なかなか読書しにくい環境・・とほほ。

 

デンパサール空港へ到着すると、一年ぶりの入国審査の場所が少し変わってたー。
これまでのカウンターは観光客のみ。
インドネシア人とキタスホルダーは、少し離れた右側の新しい場所へ向かいます。

インドネシア人は、機械を通り入国審査。
パスポートや指紋なども機械で読まれているようでした。
店主は、キタスホルダーというカウンターでいつもと同じ対面式。
並んでいる人がいないので、早い。

最後は、荷物を受け取り税関。
毎回、店主のスーツケースには印が付けられ、スーツケースを空けられます。
これまで没収されたものはありませんが、その時間がもったいない・・。

今回もスーツケースに緑の結束バンドが付いていました。
去年は火で炙りましたが失敗。
今回は、初のノーチェック。

リフレッシュも終わり、また1年間バリ島で頑張ります。

ちょっと日本へ

0

これから札幌へ帰ります。
すぐ戻ります。

問い合わせ・予約は、いつも通りお受けしています。

昨日、体調崩したダコ(♀14歳)。
今日は、大丈夫そうです。
しばしの別れ、お土産待っててね。

ファンダイブ ヌサペニダ

0

ジャカルタT氏の2日目は、マンボウ狙いでヌサペニダです。
最近、ヌサ方面の海況がイマイチなのでどうかな~という感じで出発。

明け方、スコールが降りましたが、ダイビング時にはもう晴れ!
本日のヌサペニダ、波なし、流れ一時あり、水温21℃~26℃、透明度10m~15m
先週から、未だにヌサペニダらしい透明度に回復しません。

 

1本目、マンタポイントで、マンタもマンボウもでませんでした。
残念。(3本目に行ったチームによると、マンタは見れたようです)

 

 

2本目、クリスタルもマンボウなし。
ダイビング前半はアゲンストの結構な流れ(まだ進める)。
途中で流れは止まりました。
水温は、全体的に21℃。

透明度がまだ濁っていてすっきりしません。

 

 

最後だけ少しクリアーに。

 

T氏は、この度、新しいフィンです。

 

根から吹き出るダイバーたちのはいたバブル。

 

ウズベキスタンのK子女史、香港のM女史、皆さん元気ですか?
共通点は、皆さんマンボウ見れてない・・・。
ーby T氏&店主ー

 

3本目、昨日マンボウがいたというPEDへ。
最初から結構な流れ。

ドリフトダイビングスタート。

 

 

最初は透明度が悪かったですが、途中からましになりました。

 

珊瑚がほんと美しい。

 

ウミガメは3匹くらい。ロウニンアジも2匹すれ違いました。
マンボウはなし。aduh—-
T氏、来年も挑戦してください。

 

サヌールに無事到着。
T氏、今回は終始元気に3ダイブ。
8月はかなり波酔いでぐったりでしたが、今回はボート上ランチもぺろり!
良かったです!
打ち上げは、リクエストでワルンメガ。うまーい。
N記者もいたらなぁ。
T氏、楽しい2日間をありがとうございました。

ファンダイブ トランベン

0

バリ島は、「鉄の神様」の日。
バリ人は忙しそうですね。

アグン山麓に新しいお寺ができたそうで、そのお祝い?
なのか、カランアサム県に入った途端、ペンジョールだらけ。
美しいです。

 

 

本日のゲストは、東京よりお越しのT氏&Mさん、はじめまして!
そして、ジャカルタ在住リピーターT氏、スラバヤ在住リピーターMさん&K氏ご夫妻。
皆さん一緒にトランベンへGO。
渋滞もなくあっという間にトランベン着。

本日のトランベン、海況よし。
波なし、流れ少し、透明度15m、水温27℃~28℃。
数日前より透明度が上がりました!

ベテランリピーター組と東京ビギナー組に分けてダイビング。
店主は、東京組を担当させて頂きました。
1本目はギンガメアジを見に行きます。

エントリー時、T氏のマスクですったもんだしましたが、調整してエントリー。
不安がっていたMさんが、意外にも安定。ばっちり。
その間、少し流れてしまいましたが、水中移動してギンガメ探し。

いた~。
ほっとした店主。

 

浅瀬で透明度も良かったので、数日前より撮りやすいです。

 

だけど、ちょっと群れが小さくなったかな???

 

T氏のマスク、うまくフィット!

 

もう少しギンガメいるはずだよな・・・と進むと

より大きな群れがいました。

 

二つに分かれていたのね~。

 

ロウニンアジが今日は2匹。
出たり入ったり。大迫力。

 

Mさん、T氏、見えません。
ベテラン組は小さなカエルアンコウを見たそうそうな。

 

こんなにかわいいバリ犬子供が・・・。
人間の子供のおもちゃになっていました。涙
見ていられないほど・・。

 

バリご飯で、お腹を満たして2本目は?
ベテラン組は、ドロップオフでピグミー撮影。
東京組は、沈船リバティ号へ移動。
店主も沈船へ。

チョウチョウコショウダイの幼魚1cm。
深場では、ホワイトティップリーフシャークが行ったり来たり。

 

2本目、こんなに安定したお二人。

 

ムスジコショウダイの群れ。

 

Mさん、本当に楽しかったそうです。→ログブックに書いていた!
(これまで、冬の日本しか知らない)

 

 

オニカマス、クリーニング中。

 

エキジット寸前、クチナシイロウミウシ3匹(大・中・小サイズ)。

 

 

ランプヤン山前で記念撮影。
皆様、ありがとうございました。
Mさんの新しいワイドレンズ、どうだったのでしょう??

トランベン ファンダイブ

0

奈良O氏の最終日は、トランベンへ。
早朝発の日帰り3ダイブ。
寝ていたら、あっという間にトランベン着。

 

本日のトランベン
波なし、流れちょっと、透明度8m、水温28℃
穏やかですが、透明度が残念。

 

今日はギンガメアジを見に行ってきました。
昔は、沈船に常駐でしたが、数年前に消えちゃったんですよね。
最後に見たのは、かなり前のアメッド。
リピーターO氏にとっては、初のギンガメアジ。

 

 

ロウニンアジやカスミアジもびゅんびゅん突撃してきました。

 

 

こっちに向かって来る!

 

 

透明度が悪く、引いて撮れないところが残念でした。
っが、O氏は動画はまわしっぱなし&写真です。

 

他にダイバーがいないので、ギンガメ独占。
昔はありえないです。

 

ロングダイブになってしまいましたが、最初から最後までギンガメアジとの久しぶりの再会を楽しみました。
もうどこにも行かないでね~。

 

 

 

子ヤギたち、かなりかわいい。

 

2本目はウミウシ祭りでした。
透明度が悪い・・・。

 

アカメハゼ増えてる??

 

死んでいるかと思いました。
何やってる?

 

ソヨカゼイロウミウシ

 

ユウグレイロウミウシ、たくさんいました。

 

 

フトガヤミノウミウシを見ると、潜り倒しK氏を思い出すなぁ。

 

バリ風ランチをとって、3本目。
やはり透明度悪しです。
お年寄りのハナヒゲウツボ!!
こんなに黄色は珍しい。

 

ニシキフウライウオ

 

濁ってますが、O氏は気にしません。
ドリーだ!!
がっつり3ダイブ、お疲れ様でした。

 

帰りは渋滞のこのような光景を数箇所見かけました。
行進スタート前に無事通過。
バリ人忙しそうです。

O氏、4日間ありがとうございました。
楽しかったです。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

O氏3日目は、ヌサペニダへ。
ベテランO氏は、「マンボウが見られたらいいな~」ぐらいのご希望。

本日のヌサペニダ、海況いまいち。
波なし、流れなし、水温22℃~26℃、透明度が10m~15mとヌサペニダにしては濁り気味。
水の動きがないと穏やかですが、水がよどみますね・・。

 

マンボウは残念。

あっ、ウミヘビ。

透明度が残念でした。

 

 

2本目、軽いドリフトを期待しましたがほぼ流れなし。
根の下でくつろぎ中のウミガメと目が合いお邪魔しました。
昨日のS氏にお見せしたかった・・。

 

一部、ハマクマノミだらけでした。

 

 

O氏は、水に身を委ね写真を楽しんでいます。

 

イソギンチャクの色が目を引きました。

 

さんご礁の上をのんびり進みます。
(もう少し流れてほしかった)

 

ツノダシ、逃げません。

 

ダイビング中、突然、O氏が店主のフィンをぐいぐい引っ張りました。
何かあったのかと振り返ると、ゴマモンガラ!
すごい力ですよ。魚の力とは思えない・・・。
負けず嫌いなゴマちゃん、個人的には好きです
雨季到来・今シーズン初の格闘スタート。
5-6回攻撃をを受けました。
肘鉄&足蹴りで交わします。
攻撃がしつこいので、作戦変更。
スーパー中性浮力・仰向け完全静止作戦
これでゴマの攻撃は終わります。
何故だかまだわかりません。
見えないのかな・・?
ゴマは店主への攻撃を諦め、恐れをなして遠くに逃げていたO氏に攻撃目標を変えました。
お気の毒なO氏。人生初のゴマアタックだったそうです。

 

普段あまり見ないイシガキフグ。
お休み中です。

 

 

 

 

お疲れ様です。ドリフトにならずのんびりダイビング。

 


2ダイブだとあっという間にサヌール到着です。
この見慣れたサヌールの景色を見て、ほっとする瞬間。
無事終了。

O氏、今日もありがとうございました。

 

ファンダイブ パダンバイ

0

東京よりお越しのS氏、はじめまして。
そして、2日目の奈良O氏と一緒にパダンバイへ。

IMF・世界銀行会議が終わったと思ったら、今日はサヌールでトライアスロン。
早朝発でしたが、タンブリンガン通り車両進入禁止によりバイパスも大渋滞。
タンブリンガン通りくらいは通らせろと思います。
送迎ができない・・・。

 

パダンバイは快晴、海況は昨日より落ちましたがまだOK。
波少し、流れちょっと、うねりあり、透明度8m~15m、水温25℃~26℃。
ロングダイブだと少し冷えます。

アイゴがらぶらぶ行動でした。

 

動かないツバメウオ・・・そしてみんな黒い。

 

1年ぶりに潜るというS氏ですが、問題なし。
ベテランO氏は今日もカメラ片手に楽しそう。

 

アカヒメジ

 

ラッキーなことにコブシメの産卵に遭遇!!!
ここの珊瑚、もう卵がありすぎてここ数ヶ月は満室状態なんです。
それでも気にせず産み付けます。
10月は季節はずれだと思うのですが。

 

先日は、砂に立っていたlarge spotted snake eel。
すぐ近くにクモウツボも出ていて笑えました。
そっくり。

 

昨日見つけたアゴハタ幼魚。
まだいたので、しばらく見られそうです。
すでに生えている口の下にあるヒラヒラ弁がかわいい。

 

2本潜ってランチをとり、3本目です。

 

セソコテグリ?

 

クロヘリアメフラシ(8mm)
肉眼ではウミウシだと思っていました。
O氏は顕微鏡モードで楽勝。

 

今度は、子供アオリイカが1匹近づいて来るという不思議現象。
仲間とはぐれたのでしょうか・・・?
店主のバブルに近づいてきます。

懐いてくれたら、飼っちゃうよー。

 

 

残念ながら今日はウミガメなし。
でも、魚影の濃さはS氏にも分かっていただけました。
この他にもコノハミドリガイの群れ、ヘリゴイシウツボ、ベンテンコモンエビ、ブラックシュリンプゴビー2など。
S氏も水中カメラが欲しくなったそうです。

 

「両手に花」
エア持ちの良い紳士たちとのダイビング。
今日は、ありがとうございました。
楽しかったです。

パダンバイ ファンダイブ

0

奈良よりリピーターO氏がやってきました。
先月、関空が閉鎖になって来られなくなったんですよね・・。
沖縄へ行ってもお味噌汁で1ダイブしかできなかったそうで、北海道へ行っても水温が低すぎて潜れず・・。
厄払いをしてバリ島へ再来(真面目な話)。

温かいと噂のパダンバイへ。
道中、まさかの大雨でしたが、パダンバイは晴天。
本日のパダンバイ、波なし、流れなし、透明度10m~15m、水温28℃。
新しいマスク、新しいカメラ、ライトを新調してバリ島ダイビングに挑みます。

 

セグロリュウグウウミウシに乗るウミウシカクレエビ。
ちいっちゃーい。

 

テンテンコノハミドリガイ・・・3匹くらいで群れてます。

 

 

ミヤケテグリがペアでいました。

 

キンメモドキすぎる

 

念のため予備マスクを持参しましたが、O氏の新マスク、それほど曇らず。

 

おいしそう!!
スプーン持って行けばよかった。
冗談みたいな天然プレート。

 

ウミシダウバウオ

 

O氏は、粘ってかわいい写真を撮っていました。
ガヤサンゴが手前でひらひらしていて、これ以上近づけないのです。

 

フタイロカエルウオ、入った。

 

O氏、厄払い済んでよかったです。
雨に当たらなかったし、マスクは曇らなかったし、海況もGOOD・・。
じっくり水中写真に集中。

 

うわー、こっちに来た。

 

根の下にいたアオウミガメが出てきた~。

 

うわー、これ初!
アゴハタの幼魚(8cm)。
さらに小さい個体は、ときめく模様のようです。
明日も見に行きたくなりました。

 

スギノハウミウシの一種

 

オランウータンクラブ、4-5cmと巨大ちゃん。

 

サイケすぎるヤドカリ

 

ウミヘビだ・・・・、そして

 

一緒に歩くヒメオニオコゼ

 

活け花のような美しさ。
O氏と一緒にがっつり3ダイブ終了。
今日は、ありがとうございました。
温かいって素晴らしい。

ページのトップへ