アメッド ファンダイブ&体験ダイビング

0

埼玉よりお越しのK氏&Kさん。
K氏、お久しぶりです。4年ぶりかな?
そして、ジャカルタ組の2日目。
本日は、皆さんをアメッドへご案内しました。
アメッドの海況は、早朝は流れがかなりきつかったようです。
店主たちが到着してからは、それほどでもなく穏やか。
波もなく、透明度15m、水温29℃。

1本目、店主は体験の埼玉組を担当させて頂きました。
K氏は、立派なライセンス保持者。
ただ、4年のブランクあり。
Kさんは、生まれて初めての水中へ。

耳抜きを心配していたKさんでしたが、問題なし。
放置していたK氏のカメラ調整もばっちり。
超・スムーズエントリー!!

 

生物ウォッチングのスタート。
ハダカハオコゼさん。

 

チョウチョウコショウダイの幼魚があちこち。

 

K氏は写真が楽しそう・・。
Kさんもこの余裕。

 

ミゾレチョウチョウウオは、オヤビッチャが産み付けた卵を片っ端から食べていきます。

 

近づいて来るツバメウオ。

 

ここはキリンミノ3匹、オニカサゴ1匹がいますよ。

全部キケン。
穏やかだったので、長いこと潜ってしまいました。

絶景ビューの中でエキジット。
お疲れ様でした!
Kさん、体験とは思えない潜りぷりでした。

陸上でランチを終え、2本目GOGO。
店主は、ジャカルタ・ファンダイブ組のガイドを担当させて頂きます。
竜宮城ポイントへ。

お二人とも撮りまくっています。
Lちゃん、1キロ減らして、益々中性浮力がよくなりました。

 

クマザサハナムロのうじゃうじゃ。

 

次から次へと群れが来ます。

 

LちゃんはGOプロで楽しみます。
鉄人K氏、今日もすごい写真撮るんだろうなぁ。
昨日の成果を見せて頂きましたが、ため息ものでした。

 

スカシテンジクダイが、いーーーーっぱい。

 

 

イソバナもだいぶ回復してきました。

 

本日のヒメちゃんたち。

 


透明度がよくていいなぁ。
今日のヒメちゃんたち、低め安定で整列です。
この他にも、アオリイカ子供たちの群れ、ムカデミノウミウシ、ジョーフィッシュ、ニシキフウライウオなどを観察。
穏やかだったので、じっくり潜りました。
体験組もじっくり潜れちゃったそうです。

皆様、楽しい一日をありがとうございました。
海況が良くてラッキーでした。

パダンバイ 体験ダイビング&ファンダイブ

0

横浜よりお越しのM夫妻、はじめまして!
そして、ジャカルタからお越しの鉄人K氏お久しぶりです。
そしてそして、ジャカルタLちゃん、はじめまして!

道路は順調でしたが、パダンバイに入り、また片側車線通行で進めない。
フェリー乗り場がひとつ壊れたそうな・・。
大型トラックはバイパスで並ばせましょうよっ。

 

本日のパダンバイは、波なし、1本目流れあり、うねり浅瀬で少しあり、透明度10m、水温23℃~27℃。
水中は乾季に入りました。いいこと!

ご主人D氏は、沖縄で一度体験をやったそうで余裕。
奥様Eさんは、最初だけ口呼吸の息苦しさにびびりましたが、すぐに慣れちゃいました。
レギュレーターは、水中で吸った方が断然吸いやすいのです。

 

エントリーすると、流れが結構出てきてシンドイ・・。
予定を変更して湾の方へ流されながらのダイビングに変更。
二人とも落ち着いて魚観察です。

湾内まで来ると流れがほぼなし。
スズメダイの群れやら、ヘラヤガラ、カクレクマノミ、ハコフグ、ツノダシなどを観察。

 

ヘコアユの大群を見ましたね。
ファンダイブ組、深場は水温23℃だったそうなっ。

 

はい、太陽ぎらぎらです。
次は、ファンダイブ組のガイドやっちゃいまーす。

 

 

K氏、大きなカメラで頑張ってます。
Lちゃん、経験本数の割りに上手!
砂を巻き上げない。

 

いつも挨拶だけするブラックシュリンプゴビー

 


タツノイトコ、実は3匹くらい・・・いた・・・(笑)。
これ極小です。このヨタヨタ感かわいい~。

うつぼさん、降りてる。

 

オオモンカエルアンコウ黒の親子!!
子供小さーい。
同じように並ぶんですね。

 

本日のアカヒメジ!体験のD氏とEさんも見ましたね。

 

体験ですがDさんとEさんも、長めにダイビングしていますね。

 

Lちゃんの中性浮力と姿勢・・・安定しています。
半年ブランクありの若干30本ダイバー。
GOプロで楽しまれていました。

大きなコブシメがいて、逃げない。
もしかして・・・。
でも、エスコートのオスがいない。

産卵?

 

ですね・・・。
感動のシーンに出会えました。
3つ、4つ卵を産み付けるのをじーーーーっと観察しました。

 


中にあるピンポン玉ぽいのが卵。
ぱっと身半分ぐらいは産み終えている感じ。
あと1,2日見られそうです。
コブシメさんのせいで、ロングダイブ。笑
ファンダイブ組、エアがもちますね~。

M夫妻もじっくり体験ダイビングをされ、楽しんで頂けたようです。
ライセンス取得について、お二人で話し合われてました。
奥様Eさんの最初のびびりが嘘のよう。

皆さん、今日はありがとうございました。
楽しかったです。

通過儀礼 ポトンギギ 

0

バリ島では、いつも様々な伝統祭事・神事が行われていますが、今日はポトンギギに招かれ参加してきました。

ポトンギギ(potong gigi)とは、通過儀礼のひとつで、成人式のようなもの。
でも、20歳になったらという厳密なものではなく、中学生ぐらいから始まるようです。
イスラム教の割礼も中学生ぐらいから始まりますね。

ポトンギギの意味は、「歯を削る」です。
前歯を削って平らにする儀式です。
尖っている犬歯は、獣性の象徴だそうです。
人間が持つ獣性を失くし、社会の中で大人として調和して生きましょうという意味がこめられているそうです。
バリ人は、「かわいい八重歯」とは思えないんですねー、きっと。

ポトンギギを行うには結構な費用がかかるらしく、身内の結婚式と一緒にポトンギギ数名を集めて行う場合がほとんどです。
または村単位では、合同ポトンギギなどもたまに見かけます。

店主は、バリ人の結婚式には何度も参加していますが、このポトンギギ儀式に参加したのは初めてなのです。
なぜなら、通常ポトンギギ儀式は結婚式前に終わってしまっているから・・。
ポトンギギは朝が早く、身内の儀式のため。
今日は結婚式ではなく、ポトンギギをメインに行ってきました。

 

場所はサヌールなので近所です。
普通の民家がパーティー会場のように出来上がっていました。
見ただけで、準備もお金も大変だと思いました。
親戚一同総出でかなり前から準備していたことがわかります。

今回のポトンギギ者は6名。
そのうちこの2名は、この後、結婚式(セレモニー)が行われるようで、まずは結婚の儀式を行いました。
因みに、ホスト役ファミリーはピンクのクバヤがユニフォーム。

 

それから、ポトンギギ者6名がお寺に集められお祈り。
みんなはただ見ているだけ。
それにしても、一般民家に全く見えません。

 

あそこで、二人ずつポトンギギが行われるようです。

 

この二人は兄弟だとか。お姉さんと弟?
年の頃は、10代後半でしょうか。
店主、ドキドキ。

 

 

粗い爪とぎのような長いもので、ごりごり削ってゆきます。
エナメル質も削ってるでしょうね・・(余計な心配?)。

 

たまに起きて、うがいしたり、削り具合を鏡でチェックしたり・・。

 

10分ぐらいで終わりました。
社会に役立つ立派な大人になってください!
しかし、豪華な衣装ですね。
親戚一同に囲まれて行われる成人通過儀礼の方が、自覚が持てていいな~と感じました。
日本の成人式は何か足りないかな・・・記憶も薄れていくし。

その後、ランチをセルフで頂き、お腹もいっぱいになり帰ることに。

 

ものすごい人が流れ混んでます。
席なんか全然足りず。

 

 


音楽隊も揃って・・・本当ににぎやかでした。
サヌールということもあり、知り合いもちらほら。
3月からずっと続いているバリの祭事は、これで一旦ひと段落になるそうです。
この前、新年、お盆でしたもんね。おとといは新月。
バリ人はお金がいくらあっても足りないということが、よーくわかりました。
しかし、今日も暑い。

2016年確定申告終了

0

4月に入り、妹がやってきて、彼女が帰ってから始めました。
その後、ダイビングの合間をぬって、2016年度決算&確定申告作業。
毎年、遅いしギリギリ。
因みに、法人の確定申告は4月30日まで。

デンパサール税務署3階へ。
先月の個人確定申告時とは異なり、人の数はまばら。
「優しい職員に当たるといいな」と祈りながら、待つこと30分。
優しい男性職員でした。

去年習った通りに記入したのですが、ちょっと書く欄がずれてたり、「-(ハイフン)」ではなく「0 (ゼロ)」に書き直すように指摘。
去年は必要といわれていた、添付書類が不要になっていたり、その代わり別の新フォームがあったり・・。知らないよー、これ!
社印も全部持っていっていたので、20分位で修正終了。

 

あっけなく、終わちゃった。
毎月の売り上げをファイナルとして申告・支払いをしているので、確定申告は確認程度になりスムーズなんでしょうね。
まあ、税務署職員にも経営者にも良い仕組み??

自分のアップデートが抜けてて、本日確認してびっくりしたこと。
個人所得税控除が、いつの間にかRp.54.000.000 になってました。
2,3年前は、なんと半額ぐらいだったのですっっ。
調べてみると、どうやら一年前ぐらいに引き上げられていたんですね・・。
確かに、ローカルの賃金が上がりっぱなしだもの、控除額も増えますな。

とすると、店主、払い過ぎてました。
しかし、払い過ぎていても、税務署職員は指摘してくれない現実。
これ一番驚いた。

さて、気分爽快でレノン地区からサヌールに入ると、あちこち進入制限が・・。
何となく、大行列が通る気配を感じ、猛スピードで迂回し近所のスーパーで卵を買って、猛スピードで帰宅。
ああああぁぁぁ、間に合った。
こういう長い行列にぶつかると、帰宅できません。

 


バリヒンズーのご一行。

このまま海まで歩きます。

パダンバイ ファンダイブ

0

東ジャワ・ガールズ2日目はパダンバイです。

今日も元気に行ってみよーっ。
天気が良くて気持ちいいなぁ。

パダンバイの海況、GOODです。
波なし、流れ少し、透明度15m、水温29℃。

今日はオオモンカエルアンコウ1号様から。
多分、まだビギナーのAさんは初めて。

 

 

ばりばりベテランダイバーのT子さんは着底せず、上手に撮ります。

 

 

努力家のAさん、本日はダイビング(自己課題)に集中するため、カメラ持ち込まず・・。
なんだか、すーごーく急成長が見えるんですけど!!!
この中性浮力感・・・美しい!

 

で、もう1匹会えちゃいました、オオモンカエルアンコウ2号。
どすこいスタイル

 

 

ハダカハオコゼ2枚

 

お疲れ様です。1本目からがっつり行っちゃいました。
Aさん、難しいマクロダイブを問題なく潜れました。
祝・ハナマルあげちゃいます。

 

デバたちも祝福です。
多分、Aさんはこれまでで一番しっかり生物観察できてるはず。

2本目は引き潮時間だったので、流れるかと思いポイントを悩みました。
が、まだそんなに流れてないのでちょっと狙ってみました。

ホウセキカサゴ 赤

 

ホウセキカサゴ ピンク

わーーーい!
ガールズ歓喜。
1本目、はずしていたので感動2倍。

幸福物質、大放出。

 

オレンジバンデットパイプフィッシュの目

 

ウミウシに食べられる運命の子供クモヒトデ

 

1本目行方不明だったタツノイトコちゃん。
焦りましたが、観察続行中。
ちょい太ってきました。
T子さんもAさんも、初めてのご対面だとか。

 

モンツキアカヒメジと一緒に安全停止。

 

2本目もロングダイブ。
Aさん、急成長です。
T子さんの写真成果が気になります。

2日間ありがとうございました!
やはり、ダイビングは楽しいぃぃ。

 

 

トランベン ファンダイブ

0

スラバヤよりお越しのT子さんとAさんをトランベンへご案内しました。
お二人とも、リピーター様ガールズ。

天気も海況も抜群です。
波なし、流れなし、透明度20m、水温29℃。
すてき。

 

ログ200本は超えているT子さん、かっこいい!
髪型もダイビング仕様~。

 

ちょっとブランクありのAさん、マスクが曇ったり、ウェイトが足りなかったりありましたが、無事エントリー。
1本目は水に慣れてもらいましょう。
なんとリバティ号は初めてだったAさん。

 

2本目GOのガールズ。
今日はすごいダイバー数でした。
国内が連休らしい・・。何の日!?

 

今回はスムーズ!いえい!

ヤッコエイ、ぱふぱふやってますよっ。
直後、いろいろありましたが続行です。

深場のサンゴ、いきいき。

サザナミトサカハギ増えてます。

タカサゴの群れやら、オヤビッチャの群れやら、クマザサハナムロの群れやら、2本目は群れ祭り。

リバティ号の中

 

クロハコフグ幼魚・・癒されるよ、君に。

コウショウダイ組も集合。
直後にまたいろいろ・・・が発生。

小さなオニカマスも数匹。
小さな稚魚ぽいのも浅瀬に発見。
まだ白いです。

 

カスミアジ vs オジサン

温かくて透明度が良いと、ストレスぜろ。
エア持ちの良いガールズとは、どうしてもロングダイブ。
この他にも、小さなウミガメ、アカマダラハタ、フタイロカエルウオ、アカククリ、アカヒメジ群れ、ハダカハオコゼなどを観察。
お疲れ様でした!

帰り道でユニークな乗り物と遭遇。
Vespa にサイドカー付けてる人はいますが、後ろにも・・。
Vespa1台で大人4名・・・・そしてこの峠越え。
右カーブの時は、全員右へ傾き、左カーブの時は、全員左へ傾きます。
とっても楽しそう。

T子さんAさん、今日はありがとうございました。

パダンバイ ファンダイブ

0

東京よりお越しの社員旅行チームです。
Yさん、Tさん、K氏、Y氏、はじめまして~。
K氏はニュージーランド人ですが、日本語が上手すぎ。
社員の比率は、4割が外国人なんだとか。
日本にあって英語必須の職場、すごーい。

出発前に店主の失態・・あぁあぁ、ごめんなさい。
YさんとTさんに間違えてウェットスーツを渡してしまい、かなりのお手数をおかけしてしまいました。
思い込みは危険です。

本日のパダンバイ、海況まあまあ。
波なし、流れなし、穏やか。
水温29℃、透明度がちょい濁りありで12mほど。
Yさんは、左耳が抜けにくかったですが、最終的にはコントロールしながら無事潜行!
皆さんビギナーだったので、浅瀬で水慣らししてから水中散策スタート。

沈船にいたハダカハオコゼ、久しぶり!
振り返るとスミレナガハナダイ。

 

 

仏像に手を合わせるYさん。

 

アカヒメジやチョウハンの群れ。
ウミウシ、ミナミハコフグの幼魚、シマウミスズメ、クマノミ卵などを観察。

 

後半、中性浮力や姿勢・・・まとまりが出てきました。
がっつりロングダイブ。

 

2本目行きますです。

 

Yさんが「具合悪いのかと思った~」とコメントしたオオウミウマ。
このうつむきが正常です。
腹ペコなのか、小さな口でめちゃめちゃ捕食中。

 

子供クマノミ

 

こちらはみんなで見れたハダカハオコゼ茶色

 

 

そんな下からウツボ様

 

オオモンカエルアンコウ1匹だけでしたが会えました!
怪獣の手がかわゆい。

 

サザナミフグと泳ぐK氏

 

こちらも腹ペコのヘラヤガラ

 

皆さん、余裕の2本目でした。
浮いていきそうなバディを引っ張ったり助け合いもあり。
いいですよ!
またまたロングダイブになりそう。

 

うじゃうじゃ~、今日はウミガメと会えず。

 


お疲れ様でした!
団結力すばらしい。

前回は、どこかのお国で、ビギナーなのに流れポイントに案内され、皆さんかなりびびったトラウマがあるそうです。
今日は、水中のんびり生物観察が叶って良かった!
ありがとうございました~。

運転免許(SIM)更新

0

毎年、免許の更新をしています。
1年は早いもので、あっという間。
先日、4月9日に切れてました。
ということで、今朝免許の更新へGOGO。
切れててもいつも更新扱いになるんだけど、今回はどうなんだろ?

グヌンアグン通りにある警察へ。
サヌールより約30分。
今日は、あつーい、そして日差しが強い・・・痛い。

無事到着しましたが、パーキングが見つからない。
こんなに人来てるの???
えらーい奥へ止めるはめに。
もう暑くて溶けそう・・。

そして、いつもの更新建物へ行くと張り紙が一枚。
《寮の後ろへ移転しました》
おーーーい、移ったのかぁぁ。涙
1ヶ月前に移ったそうなぁ。
それだったらパーキングに入る前に看板出そうよー。
この不親切さがたまりません。
また歩いて裏へ、裏へ、裏へ、裏へ・・・どんつき一番奥まで入り右手に曲がると収容所のような高い壁が見えてきます。
その中に入ってみます。
もうこの時点で脱水になりそうな渇き。

 

次回からは、バイクでここまで入ろう!
それにしてもきれいな建物です。
この裏手には、小さな自動車コースも完備。
建物中には、学科の部屋などたくさん小部屋があります。
トイレも新しいのでまだきれい。

 

R.REGISTRASI IDENTIFIKASI & PRODUKSI SIM VIP だって。
なんか知りませんが、こちらに案内されたのですよ。
登録・確認・撮影・指紋 VIP部屋?
入った瞬間、順番抜かしであっという間です。
これまでは殺伐とした難民のような流れ作業でしたが、ここは別世界。

 

 

敷地内、あちこちに張ってあるかわいい看板。
数年前から仲介行のCALOさんたち一掃されちゃいましたね。

 


今回から噂通り、外国人でも5年の免許がとれるようになりました!!
*キタスの人でもという意味で。
これで毎年更新のために東のサヌールから西デンパサールまで行かなくて済みます。
それだけでもかなり嬉しいーーーー。
今年更新すると、2022年の誕生日までになります。
店主はこの前誕生日が終わってしまっているので、5年弱ですね(2週間損した感じ)。
誕生日が12月だったら、5年8ヶ月ってことです。

必要なものは、パスポート(原本・コピー)、eキタス(コピー)のみ。
料金は、誰に頼むかで変わってくるかと思いますが、店主は警察官にお願いしています。
バイク5年免許で、Rp.1.300.000でした。
思っていたより安かったので、言い値そのまま交渉せず。
ただ、お金の受け渡しは気をつけましょう。
新しい建物はあちこちにCCTVカメラがついているそうで、警察官が見られたくないようです(いけない行為なんですね~)。
パスポート(コピー)に無造作にくるんでお渡しください。

無事に5年とれてよかった~。
1年もまだとれるみたいです。
警察官同士でも意見が割れていましたが。笑

パダンバイ ファンダイブ&体験ダイビング

0

ついに15日です。
日本のお隣・北朝鮮の動向が気になって仕方ありません。
Xデーなるか?予測不可能だし、緊張だし、日本が心配。

一方、バリ島はお盆の最終クニンガンです。
ご先祖の霊が帰る日。送り盆ですね。
早朝からバリ人は忙しそうです。

昨日に引き続き、ジャカルタからM氏とRさんをパダンバイへご案内しました。
海況はまあまあ。波少し、一時流れ、水温24℃~28℃、透明度15m。
深場ほど冷たくて、水中も乾季ぽくなりました。

店主はRさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
2日目で、かなり余裕のRさん。
準備や片付けまでお手伝いしてくれる積極性!

常に捕食中のアカホシカニダマシ

 

体験2日目になると、こんなものまで観察できるようになります。
イソギンチャクカクレエビ

 

 

クリーニングステーション・・・寄生虫をきれいに取ってもらいましょう。

 

キンセンフエダイにヨスジフエダイも混じっていたり・・面白い。

 

ちょっと手を離してみます。

 

パダンバイは、クマノミが多いです。

 

もこもこサンゴ!
この辺は、スノーケルでも楽しめます。

 

 

ちょっと浅瀬は流れていましたが、落ち着いています。
店主たち体験は最低水温26℃でしたが、ファンダイブ組は24℃だったとか。

 

 

今日は1本目からバックロールエントリーのRさん。
細身ですがスタミナはあります。

 

2週間ぶりのタツノイトコちゃん、まだいた!
少し大きくなりました~。

 

オビテンスモドキの幼魚・・・女子二人で追いかけます。
振り返るとそこには、タコ。

 

あっ、ファンダイブのM氏。
ウミガメやオオモンカエルアンコウ2匹などの写真を撮られてました。

 

Rさん、まだ行けそうだったのでちょっと遠回りしちゃいます。

 

ここはアカヒメジやデバスズメダイ群れ群れ。

 

 

絶対、ヘラヤガラ増えています。

ロングダイブになってしまいました。
いやー、面白いダイビングでした。

 


太陽ギラギラ&お疲れ様でした。
バリ島休暇を楽しんでいってください。
ありがとうございました。

トランベン ファンダイブ&体験ダイビング

0

妹がおととい帰国し、店主の休暇も終わりです。
仕事モードに切り替えないとです。

今日は祝日だったようで、皆さんジャカルタからです(何の日?)。
トランベン沈船へ。
道路がガラガラであっという間に到着です。

リピーターのMさんやAさんが所長を連れてきてくださったり、
今回来てないリピーターK氏が上司を紹介してくださったり、
Rさんは、自分でネット検索&ブログ読み込みしてきたそうな・・。
ありがたいです。感謝。

本日の海況抜群。
波なし、流れ最後にちょっと、水温29℃、透明度20m。
店主は、T氏とRさんの体験ダイビングを担当させて頂きました。
1本目、小さなウミガメを独占でじっくり観察できました。
ラッキーでしたね。
(カメラ持っていくべきでした)

2本目、更に余裕です。
耳抜きも問題なし。

 

Rさんはジョギングが日課、T氏はサッカーをしていたそうで・・・運動神経がいい。

 

餌付けしなくても寄ってきます。
おさかなまみれ。

 

鉄骨の下には、アヤコショウダイたちがずらーーーっと並びます。

 

帰りにちらっと手を離してみたら、美しい流線型で付いて来るRさん。

 


リバティ号の浅瀬には、チンアナゴがたくさんいます。
今日は小さなカマスも数匹。
大きなカツオも通り過ぎてゆきました。

全員カメラ持ちのファンダイブ組もそれぞれに楽しまれたようです。
帰りの道路もガラガラであっという間にサヌール着です。
のろのろトラックが道路からいなくなると、こんなに走りやすいことの証明ですな・・。

皆様、ありがとうございました。

ページのトップへ